一方、耳石器の有毛細胞は耳石を載せたゼリー状の液体の中にあります。この液体の動きによって有毛細胞がゆがみ、それが電気信号となって脳に送られます。この耳石器での信号は、頭の傾きなどについての情報です。

身体の向きは耳の奥でキャッチ

 こうして2つの平衡感覚器の情報は、脳幹などを通って小脳に到達し、小脳の仕事がはじまるのです。

 小脳はほぼ楕円形の形をしていますが、それはまず三半規管と耳石器から送られてきた情報を分析し、それをもとにさまざまな活動を展開していきます。

 たとえば、頭が動いても目に映る像がぶれないように眼球をコントロールすることであり、不安定な状態でも身体が傾かないようにサポートするのです。

 イチロー選手が不安定にみえる姿勢で絶妙なバットコントロールを発揮できるのは、2つの平衡感覚器からの情報と、それをもとに分析し、身体にバランスを与えてくれる小脳のおかげなのです。

 また、バランスを保つ行為に貢献するのは、平衡感覚器だけではありません。眼球のコントロールでは視覚が関与し、身体が傾かないためには筋肉や関節などが動員されます。つまり、バランスを保ち、日常生活を支えるために、平衡感覚器と多くの感覚や器官が協力しあっているのです。