表1を見ながら、第1ターゲットにする疾患を決めて、その疾患に適合する商品を確認し、表2でそのそれぞれの商品が他のどんな疾患にも適合するかを見て……というようにすれば、ご自身にとってどの商品がいちばん合いそうか、およそお分かりいただけるだろう。

 たとえば筆者なら、花粉症改善が最優先であるから、「おいしいカスピ海 特選生乳100%」「小岩井 大人の元気ヨーグルト」「たっぷりいちごヨーグルト」「ドリンクヨーグルト おなかへGG!」「乳酸菌のチカラ プレーン HSK201」「ハイハイン」「森永ビヒダスプレーンヨーグルトBB536」「ヤクルト各種」の8種類が候補になる。

 そして、「花粉症の次に気になるのはコレステロール値だから……『おいしいカスピ海』がよさそうかなあ」――といった具合に参考にしていただければ幸甚である。

気になる歯周病・口臭予防に効果がある商品も

 閑話休題。昨年の秋あたりからちょこちょこ歯医者に通っているのだが、そこに貼られているポスターから、歯周病予防などに効果のある乳酸菌が存在するということを知った。

 そこで、本稿の執筆を機会に少しだけ調べてみたところ、乳酸菌のなかでもLS1菌とロイテリ菌というのがいいらしい。

 ただ、いずれの菌種も一般的なヨーグルトには使われておらず、数千円(1ヵ月あたり)のサプリメントを使用することになる。

 しかしながら、歯周病やこれに起因する口臭は、加齢臭とともに中高年男性には見過ごせないことだろう。関心を持たれた方は、楽天やamazonなどで検索してみられてはいかがだろうか。

(吉田克己)

参考図書: 『あなたの知らない乳酸菌力』ほか