ただし、医学部に入学するといや応なしに医師への道を突き進むことを、肝に銘じておこう。