• このエントリーをはてなブックマークに追加

 風雲急を告げる 解散総選挙の行方

9月28日、安倍晋三首相は衆議院を解散、「10月10日公示、22日投開票」の総選挙が幕を開けた。臨時国会冒頭での「アベノミクス解散」に激震が走ったが、小池百合子東京都知事が「希望の党」を設立、民主党が合流するなど、日本の政界に大きな地殻変動が起きている。総選挙の、そしてこれからの日本の行方はどうなるのだろうか。

希望の党惨敗も改憲賛成を材料に安倍政権へ「仕掛け」が可能だ
なぜ総選挙で「政策」がないがしろにされ「勝つこと」が優先されるのか
働く人を貧しくしたアベノミクスが総選挙で争われない理由

ランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • いいね!
TOP