99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

「二黒の部屋」での
命題を知ろう!

 前回は「一白の部屋」を紹介しましたが、今回は、「(大地の)二黒の部屋」(以下、「二黒の部屋」)です。
 ここは、『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』においては、【陽1年】にあたります。

 今年(2017年)は「湖の七赤」の人が、この部屋に入っていますが、来年(2018年)の節分以降は「天の六白」の人が入ります(すべての人は生年月日によって9タイプに分けられます。9タイプ分類と2034年までどんなバイオリズムなのかは『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』にあります)。

「二黒の部屋」にいるときのあなたに与えられた命題は多々ありますが、特に注意してほしいポイントは以下の3つです。

・縁の下の力持ちに徹しましょう!
・目上の人の意見には従うこと!
・見返りを求めずに行動しましょう!

 この3つは、「大地の二黒人」の特性です。
 そして、彼らが自分の人生を好転へと導くために大切にすべきポイントでもあります。

「二黒の部屋」にいる人は、この3つだけはしっかり押さえてください。
“大地の二黒の特性”を意識した心構えを持って、行動をとること。それこそが、【陽1年】の一年を、成功へ導くカギとなります。

 そして、重要なことがもうひとつ。

 もし、あなたがいま「二黒の部屋」にいるならば、可能な限り、「大地の二黒人」と接してみてください。
 なぜなら、【陽1年】において、あなたがお手本(先生)にすべきは、365日、その特性を磨いている“大地の二黒人”だからです。

 著名人はもちろん、身近な人でもいいです。
「大地の二黒人」が書いた本を読むでもいいですし、講演会を聞きに行くでもいいのです。
 見習うべき「大地の二黒人」(本書にたくさん掲載しています)を見つけ、その人の思考や行動を参考にするだけでも、失敗やミスのない、充実した【陽1年】をすごすための「心構え・行動の指針」としてのヒントが必ずあるはずです。

 ぜひ、そのヒントを学び、強運に満ちあふれた最高の【陽1年】をすごしましょう。そして、「大地の二黒」としての素晴らしき人間性も、この1年で身につけてください。