英語学習の「世界標準」としてのフォニックス

赤ちゃんが母語を身につけていくときには、“文字を使わずに”音とモノの対応関係をつくっていきます。赤ちゃんの「うーうー」といううなり声が、しだいに「言葉」へと成長していく過程は、親にとっては本当に感動的ですよね。

ただし、これは母語を身につけるときの話です。外国語の場合はどうでしょうか?
結論から言えば、たとえ子どもであっても、ひらがなやカタカナが読めるくらいの段階にあるなら、文字と音との対応関係を意識するほうが効率的です。

「『文字と音との対応関係? ……じゃあ、やっぱり『ABCの歌』かな?」

そう考えた方は、2つの意味でとてもいい線をいっています。一つは音楽を取り入れる発想です。詳細はPART2でご説明しますが、音楽と語学学習にはさまざまな親和性があります。
もう一つすばらしいのは、アルファベットの音に着目している点です。英語は母音だけでも数え方によっては30個近くの音がありますから(日本語はアイウエオの5個だけ)、いきなり全部を聞き分けたり発音したりするのは無理があります。最初にアルファベットの26文字に絞るのは、学習戦略としても正しいでしょう。

「本当の音」を脳に覚えさせるフォニックス学習法

ただし、「ABCの歌」だけでは不十分なのも事実です。
この覚え方だけでは、文字と音の基本的な対応関係を整理できないからです。
どういうことかご説明しましょう。
「ABCの歌」のようなアルファベット読みでは、一つの文字の読みは、複数の音から構成されています。たとえば、“B”という文字は、子音と母音がセットになった読み方をしますし、“F”は冒頭に母音をつけて発音します。

ここでひらがな五十音表を思い出してください。ひらがなは文字と音が一対一対応になっていますよね?“あ”の文字はいつも同じように「ア」と発音されます。
一方、英語のアルファベットはそうはなっていません。“C”の文字は[k]と読むときも[s]と読むときもありますし、アルファベット読みでは[si:]となります。

そこで、各アルファベット文字に一つの音を対応させたのが、フォニックス(Phonics)の読み方です。これにより、“B”の文字には[b]の音、“F”の文字には[f]の音というように、代表的な音と文字をセットで覚えることができます

「代表的な音」と言ったのは、2つ以上の音を持つ文字があるからです。たとえば、“A”の文字にはさまざまな発音がありますが、フォニックスでは「apple」の冒頭と同じ音になります。

英語という言語は、さまざまな歴史的背景もあって、単語のスペルと発音の対応関係が非常にいい加減です。
ネイティブでもとても苦労するので、英語圏に育つ子どもたちですら、必ずフォニックス読みの練習をします

ですから、みなさんの子どもにも、ぜひフォニックスを練習させてあげてください。
フォニックスはすべての英語学習の基礎中の基礎であり、中高生にも大人にも効果があります。
小学生以下の子どもについて言えば、その後の学習効率を圧倒的に高めてくれる最強の方法と言っても過言ではありません。

(本原稿は斉藤淳・著『ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語』から抜粋して掲載しています)