99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった。

平成の出来事の裏側を
ナインコードで垣間見る

 前回の記事に引き続き、今回もナインコードを使って「平成の歴史」を振り返っていきましょう。

 あらかじめお話しておきますが、本連載でご紹介するのはあくまで一例です。
読者の方がイメージしやすいように、わかりやすい事例をピックアップしております。

 この「時読み術」はナインコードのバイオリズムを使用しておりますが、細かい分析はとても難しいものとなります。

 一見、「なぜ、この年にこんなことが?」などと、不思議に思うこともあるでしょう。
 しかし、事象の裏側にある“人の気質”が影響していたり、その出来事の前年のナインコードの影響が残っていたりするなど、分析する視点はたくさんあるのです。

 この連載を読んでくださっている読者の皆さんは、まずはわかりやすい例から、「時読み」のクセをつけてもらい、本書を読みながら、さらに深い時読みができるようになることを祈っています。

 では、次のページから見ていきましょう。