20世紀は、大手企業や政府などが権力を持つ「オールドパワー」の時代だったが、テクノロジーの発展の結果、いまや大組織がパワーを溜めこむことは不可能となった。21世紀は、個人でも際限なく大きな権力や影響力を持てる「ニューパワー」の時代だ。あなたは「ニューパワー」の側の人間だろうか、それとも「オールドパワー」だろうか――?
世界に起こっているそうしたパワーの変化とその影響を鮮やかに読み解き、米ニューヨーク・タイムズ紙、英フィナンシャル・タイムズ紙など各国メディアで絶賛されている書籍が『NEW POWER これからの世界の『新しい力』を手に入れろ』だ。
著者は、ハーバード大、マッキンゼー、オックスフォード大などを経て、現在はニューヨークから世界中に21世紀型ムーブメントを展開しているジェレミー・ハイマンズと、約100ヵ国を巻き込み、1億ドル以上の資金収集に成功したムーブメントの仕掛け人であり、スタンフォード大でも活躍するヘンリー・ティムズ。
本書ではこれからの時代におけるパワーのつかみ方、権力や影響力の生み方、使い方について、まったく新しい考え方を紹介している。同書の刊行を記念して、その一部を特別公開したい。

「権力」や「影響力」のあり方が根本的に変わっている

 イギリスの哲学者バートランド・ラッセルの定義によれば、パワーとは「意図した効果を生み出す能力」のことだ。その能力をいま、僕たちは存分に手にしている。

 自分で映画をつくったり、友だちを増やしたり、お金をもうけたり、希望やアイデアを広めたり、コミュニティを形成したり、ムーブメントを起こしたりもできれば、偽情報を拡散したり、暴力を煽ったりもできる――そのスケールと潜在的な影響力は、ほんの数年前と比べても、はるかに大きくなっている。

 もちろん、テクノロジーが変化を遂げたからだ。だが根底にある真相は、僕たちが変化しているということ。人びとの行動や期待が変わってきているのだ。そのエネルギーや欲求を操る術を見出した者たちが、絶大な影響力をもたらす斬新な方法で、ラッセルの言う「意図した効果」を生み出している。

 たとえば、ユーザー10億人超のオンラインプラットフォームに君臨する、パーカー姿の覇者たち。彼らは、僕たちの日常の習慣や感情や意見を巧みに操っている。そして、群衆を熱狂させ、魅了し、圧勝を収めた政界の新参者たち。混沌として密接につながった世界で、後れを取る者たちを尻目に、躍進を遂げる一般人や組織も存在する。

「ニューパワー」とはなにか?

 本書のテーマは、2つの大きな力のせめぎ合いと均衡を特徴とする世界において、しっかりと歩を進め、たくましく成長するための方法を探ることだ。そのふたつの力を、「オールドパワー」と「ニューパワー」と呼ぼう。

 オールドパワーの働きは「貨幣(カレンシー)」に似ている。
 少数の人間がパワーを掌握し、油断なく守り抜こうとする。権力者は強大なパワーを蓄えており、行使できる。閉鎖的で近づきがたく、リーダー主導型。オールドパワーはダウンロードして取り込み、獲得するもの。

 ニューパワーは「潮流(カレント)」のように広まる。
 それは多数の人間によって生み出される。オープンで一般参加型であり、対等な仲間(ピア)によって運営される。ニューパワーはアップロードして分配するもの。水や電気のように、大量にどっと流れるときに最大の力を発揮する。ニューパワーを手にする者たちの目的は、溜め込むことでなく提供すること。

ニューパワーとオールドパワーの違い本書で詳述されるニューパワーとオールドパワーの違い。パワー(権力や影響力)のあり方が根本的に変化している(『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』より)。

 オールドパワーとニューパワーの働きを理解するために、まずはいくつかのストーリーを紹介しよう。

今は一流でも一瞬で失脚する

 来る年も来る年も、授賞式シーズンが訪れるたび、映画界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインは、神のごとくハリウッドを制覇した。

 実際、1966年から2016年までの50年間に、アカデミー賞授賞式のスピーチにおいて、ワインスタインがオスカー受賞者から感謝を捧げられた回数は、神様に勝るとも劣らない――その数、じつに34回。プロデュース作品は300回以上もオスカーにノミネートされ、彼は名誉大英帝国勲章(三等勲爵士)叙勲の栄誉にも輝いている。

 ワインスタインは権力を蓄え、「貨幣」のように駆使して不動の地位を築き上げた。スターの運命も、プロジェクト案が通るかボツになるかも、彼の一存によって左右された。

 ワインスタインは映画業界に巨万の富をもたらした――その見返りに、数十年間、放埓の限りを尽くし、セクシュアルハラスメントや性的暴行の容疑が無数にあろうとも、業界は彼を守った。

 彼はメディアに便宜を図り、馴れ合いの互恵関係を築くことで、メディアをコントロールした。2017年には、ロサンゼルス・プレスクラブの「真実の語り手」賞まで受賞している。

 ワインスタインは弁護団を構えて脇を固め、機密保持契約をいいことに、仕事相手に対しても横暴に振る舞い、必要とあれば告発者にはカネをつかませた。さらに民間の警備会社から元諜報員を雇い、自分に対してセクハラや性的暴行の申し立てを行った女性やジャーナリストたちに関する情報を調べ上げた。

 もっとも、ワインスタインの餌食となった女性たちのほとんどは、業界でやっていけなくなることを恐れ、沈黙を守っていた。助け船を出せたはずの男性たちも、面倒な争いごとに巻き込まれるのを避け、見て見ぬふりをした。