自分の好きなメーカーがわからない
気づいた「家具リテラシー」の低さ

久保裕丈クラス社長くぼ・ひろたけ/2005年3月東京大学工学部卒業。07年3月東京大学新領域創成科学 研究科修士課程修了。同年4月米系コンサルティング会社A.T. Kearney入社。商社・メーカー・金融機関等への全社戦略策定や組織戦略を手がける。12年、女性向け通販サイト MUSE & Co.を設立。2015年に同社を売却。その後、個人で数十社の企業顧問を勤める。17年アメリカで大人気の恋愛リアリティーショー“The Bachelor”の日本版、“バチェラー・ジャパン”のシーズン1の主役に抜擢される。18年4月より、家具のサブスクリプションサービスCLASを運営する株式会社クラスを創業、代表を務める。
Photo by K.S.

――久保さんご自身でも、家具について考えるきっかけがあったんでしょうか。

 まさにありました。私、いま賃貸マンションに住んでいるんですが、賃貸契約の更新料はおかしいと思っています。長く住もうと思って引っ越すつもりがないのに、更新料を払わないといけない。不動産会社からしたら、LTV(ライフタイムバリュー:顧客生涯価値)が長い顧客に対して、わざわざチャーンレート(解約率)を上げる施策をしているわけです。全くユーザー目線じゃない。

 そういう思いもあって更新料は払いたくないので、私は2年間経たずに引っ越すんです。だいたい1年半くらい住んだら次の家を探し始めます。引越し先は間取りも変わりますから、それまで使っていた家具は合わなくなってしまいます。だから、その度に全部家具を買い換えていたんです。

 もちろんまだ使える家具です。だから、だいたいは便利屋さんに来てもらって、トラックで全部持っていってもらいます。でも、使える家具がゴミとして持って行かれるのを目の当たりにして、これでいいのか、何かおかしいなと。

 そこで、家を当たり前のように借りているのに、家具を買っているからこうなるんだと思いました。家を借りてしばらく住むつもりなら、家具は買わないでレンタルやサブスクリプションでいいのではないかと、シンプルに考えたわけです。

 それでアンケートをして家具のレンタルやサブスクリプションについて調査をしてみました。そうしたら、多くの人は家具についてのリテラシーがものすごく低かったんです。