広告をスキップされると
収入は0円に!

 ユーチューバーの収入は大きく「広告収入」と「企業からのオファー」に大別することができる。まずは広告収入から見ていこう。

「すべてのユーチューバーが、自分の動画に広告を流せるわけではありません。広告を貼るためには審査に受かる必要があり、その条件としては『チャンネル登録者数1000人以上、過去12ヵ月間の総再生時間4000時間以上』が必須となります。YouTubeがこうした条件を設ける理由は、いわゆる“タイトル詐欺動画”や“ゴミ動画”を排除し、魅力的な動画コンテンツを集め、WEBサービスとしての価値を高めたいからでしょう」

 また、YouTubeの広告にはスキップできるものとできないバージョンがある。「動画は広告の後に再生されます」の広告が出てくると、うんざりするという人は多いだろう。実はこの設定は、ユーチューバー自身が行っているのだ。

「視聴者が広告をすぐにスキップしてしまうと、ユーチューバーにはお金が入らない仕組みになっています。こう聞くと、多くの人は『それなら全部スキップできない設定にすればいいのに…』と思うかもしれませんが、そう簡単にはいきません。というのも、視聴者の中には広告を嫌う人も多く、強制的に長々したCMを見せられると、『この拝金主義者め、チャンネル登録やめてやる!』と去っていくケースもあるためです」

 こういった理由から、ユーチューバーの多くは、チャンネル登録者数1000人程度ではスキップ付きの広告を入れ、1万人、10万人と増えていくにつれ、強気に広告を流す仕様に切り替えていく傾向があるのだという。

 では、広告の単価はどのようになっているのか。

「広告をスキップできる設定にするか、できない設定にするかで大きく変わります。たとえば、目安としてよくいわれるのが、再生数×0.1円。1本の動画が仮に10万回再生されたとしたら、単純計算で1万円が広告収入となるというものです。これは広告をスキップできる設定にした場合で、広告を見る人もスキップする人もいるため、結果的におおよそ0.1円程度になるという、あくまでも目安の数字です」

「場合によっては再生数×1円や、それ以上になるチャンネルもあり、個別には大きく異なります。また、広告をスキップできない設定にすれば、強制的に広告が再生された後に本編が始まることから、再生数に対する報酬はグッと上がります。さらに、広告の内容はYouTubeが勝手に判断して入れてくるため、単価も一律ではなく、毎回毎回違います。ちなみに、YouTubeに流れる広告の場合、テレビCMのようにみんなが同じ映像を見るのではなく、視聴者それぞれに異なるターゲティング広告が流れる仕様になっています」