(2)どら焼き:GI値95

 生地に小麦粉、はちみつ、砂糖などが使われ、あんこにも砂糖が使われていますので、ダイエット中は控えたいおやつです。こしあんよりも粒あんの方が、食物繊維が豊富なので、どちらかを選べる場合は粒あんをおすすめします。

(3)チョコレート:GI値91

 チョコレートに含まれる砂糖がGI値を上げる原因です。チョコレートを選ぶときはブラック、ビターの文字に惑わされずカカオ含有量をチェックしましょう。カカオ含有量が70%以上のものは、ポリフェノール効果で体のさびつきを抑え、ダイエットにもプラスに働きますよ。

(4)大福:GI値88

 外側の生地はもち米、白玉粉からつくられ、あんこもたっぷりなのでGI値が高くなります。同じ大福でもいちご大福やみかん大福のように果物の入ったものにすると、中身が全部あんこのものと比べ糖質を抑えることができます。

(5)ドーナツ:GI値86

 小麦粉が主原料で、砂糖も使われています。油で揚げるのでカロリーも高くなります。最近では小麦粉の代わりに豆腐やおからを使ったものなどもあるので、そちらを選べるとよいですね。

ダイエット中でも楽しめる
GI値が低いおやつ

 一方で、GI値が低いのはどんなおやつでしょうか?「カロリーが高そうだから…」と控えていたかもしれない“意外なおやつ”も実はGI値が低いので、ダイエット中にはおすすめです。