さらに、アスペルガー症候群とADHDは症状が類似していることがあるため、誤って診断されることがよくあります。自分でアスペルガーを疑って病院にやってきた人も、他の病院でアスペルガーと診断された人も、かなりの部分が「誤診」なのです。残念ながら、発達障害の専門医でも、誤診は珍しくありません。

 このような誤解が生じている原因の1つには、アスペルガー症候群という言葉が、まるで流行のようにして世の中に広まってしまったという背景があります。ここ数年、「発達障害」という言葉が非常にポピュラーになりました。なかでも「アスペルガー症候群」は広く浸透しました。しかし「新型うつ病」と同様に、その浸透が急速だったせいで、正しい理解が追いつかず、「発達障害といえばアスペルガー」という、間違った情報が信じられているのです。これは一般の人だけでなく、医療関係者にも同様のことがみられています。

 このように、マスコミなどが流布した「人間関係に問題を抱えている=アスペルガー症候群」のイメージが、一般の人に誤解を与えている面が大きいと思います。

「空気が読めない」の原因は“対人恐怖”ではない!

 先ほどのアスペルガー症候群などASD(自閉症スペクトラム症候群)の人に共通する「空気が読めない」は何が原因なのでしょうか。一般的に、対人恐怖が原因で自閉的な症状や「空気の読めなさ」が生じる場合もありますが、それは発達障害とは異なるものです。これは、「対人恐怖症」と診断されることもあれば、「社会不安障害」、「社交不安障害」いう病名がつくこともあります。

 一方、自閉症の症状は、対人恐怖とは異なり、むしろ「他人に関心がない」「人との関わりをあまり好まない」ことに基づいています。その結果、「他人の気持ちを理解しない」、「場の空気を読めない」といった特徴につながり、周囲からの孤立を招くことになります。

 また、ASDの人が一見、他者との関わりに積極的であるようでも、実際には働きかけが一方的で、適切な関係を構築できていないケースもよく見られます。以前、次のような研究をしたことがあります。ASDの人が、他人と会話をするときの視線を、アイトラッカーという機器を用いて計測しました。普通の人は、会話をしながら相手の顔や目を見ることが多いのですが、ASDの人は、相手の顔や目ではなく、体や背景を見る頻度が高率でした。