日本代表のホープ
姫野和樹に注目

――間もなくW杯が開幕しますが、初心者でもプレーのすごさがわかるような注目選手を挙げていただけますか。

 候補がたくさんいて悩むところなんですが、ここでは現状でも世界トップクラスの実力を持ちながらも、まだまだ成長著しい選手を3人紹介します。まず1人目は、イングランド代表のマロ・イトジェ。この選手は両親がナイジェリア人というルーツがあり、身長195cm、体重115kgというたくましい肉体が武器。しかもスピードも兼ね備えており、軽やかなステップで相手をかわしていくランは爽快感があります。

――体が大きい上、足も速いのは相手チームにとって脅威ですね。

 スピードでいうなら、ニュージーランド代表のリーコ・イオアネも素晴らしい選手です。『世界で最も勢いに乗るウイング』の異名があるほどで、今年22歳と若く、まだまだ伸び盛り。世界最強ともいわれるニュージーランド代表(オールブラックス)の歴代選手と比べても、ナンバーワンのダッシュ力との呼び声が高いです。名前のリーコは、元サモア代表のお父さんがプレーしていた日本の『リコー』が由来で、日本にも縁があるんです。ただ、オールブラックスは選手層が厚いので、ほかの選手の調子次第でもしかすると出場機会は減るかもしれません。

――日本代表で注目選手はいませんか。

 もちろんいますよ。1人選ぶなら、ずばり姫野和樹選手ですね。身長187cm、体重108kgの日本人離れした体格で、外国人選手にもまったく引けを取らないフィジカルの強さは、すごいです。タックルを受けても、びくともせず前へ進み続けるプレーは圧巻のひと言。初めて見る人は驚くと思いますし、そのままトライを狙えるスピードもありますから、一番活躍が期待されている選手ですね。少し残念なのはW杯直前になって、けがをしてしまい、万全の状態で出られるのかまだ不透明な点。それでもまだ25歳ですし、これからの日本代表を間違いなく支えていく存在になるので、ぜひチェックしてみてください。

――最後に、ほかのスポーツにはないラグビーの魅力とは何でしょうか。

 ラグビーは、どんな競技と比べても、全員で力を合わせて戦わなければ勝てないスポーツ。1人だけでは、当然相手の得点を防げませんし、点を入れることもできません。なので、野球のピッチャーのようなエースポジションはないのです。ラグビーには、『One for all.All for one』(ひとりはみんなのために。みんなはひとりのために)という有名な言葉があります。15人全員で勝利に向かう姿を、ぜひ今回のW杯で見ていただきたいですね。