若者のソーシャルメディア
Photo:PIXTA

若者のソーシャルメディア利用時間は制限すべき?

 ソーシャルメディアの利用時間が長い若者は、社会的ひきこもりや不安、抑うつなどになりやすいとする研究結果を、米ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のKira Riehm氏らが「JAMA Psychiatry」9月11日オンライン版に発表した。12~15歳の男女を対象としたこの研究では、FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルメディアの利用に1日3時間以上費やす若者は、不安や抑うつなどの精神的な健康問題を抱えるリスクが約2.5~3倍に上ることが分かったという。

 Riehm氏らは今回、2013年から2016年にかけて、米連邦政府の助成を受けて実施された全米の若者6595人を対象とした調査のデータを解析した。その結果、ソーシャルメディアを全く利用していない若者の割合は全体の17%未満だったのに対し、1日当たりの利用時間が「30分以下」の若者は約32%、「30分超3時間以下」は31%、「3時間超6時間以下」は12%、「6時間超」は8%をそれぞれ占めていた。

 また、ソーシャルメディアの利用時間が長いほど不安や抑うつ、孤独感といった「内在化問題」を抱えるリスクが上昇した。例えば、内在化問題を抱えるリスクは、ソーシャルメディアを全く利用していない若者と比べて、利用時間が「30分超3時間以下」の若者では約2倍、「3時間超6時間以下」では約2.5倍、「6時間超」は約3倍であった。

 同様に、ソーシャルメディアの利用時間が長いと、内在化問題だけではなく、いじめや強いストレスを感じた時に無謀な行動を取る行動化(acting out)、注意力の欠如などの「外在化問題」を同時に抱えるリスクも約2~4倍以上に上っていた。一方、調査では、ソーシャルメディアの利用時間と外在化問題のみとの関連は一貫していなかった。