グリーンラッシュがやってくる予告編
Photo:Olga Volkovaia/gettyimages

「CBD」という成分をご存じだろうか。CBDとは、鎮静作用などさまざまな効果が期待される大麻由来成分のことだ。2025年にはCBD市場は世界で数百億ドル規模になるとされ、ゴールドラッシュになぞらえ、「グリーンラッシュ」とも呼ばれる大麻特需が起きている。そして日本にもその波はすでに来ているのだ――。(ダイヤモンド編集部 相馬留美)

「グリーンラッシュ」、すなわち大麻特需が世界に爆速的に拡大中だ。大麻といえば、マリファナなど精神作用があるイメージが強い。だが、精神作用がなく安全性が高いといわれる大麻由来成分「CBD」のビジネスが盛んだ。鎮静作用などさまざまな効果を持つという研究が進んでおり、海外では薬品だけでなく、食品や化粧品、ペット用品まで製品化が進んでいる。

 その市場規模は2025年には数百億ドルとなるとされ、投資家も注目している。しかも日本にもグリーンラッシュ到来の予兆があり、虎視眈々とチャンスをうかがっている人々がいるのだ。特集「グリーンラッシュがやってくる」は、初回の11月11日(月)から15日(金)まで、全5回の連載を予定している。

#1 11月11日(月)配信
「大麻」に群がる企業たち、ビールからペット用品まで!

グリーンラッシュがやってくる予告編
Photo:REUTERS/アフロ

 大麻といえば覚醒剤に並ぶ日本の違法薬物の代名詞だ。しかし海外では、医薬品をはじめ、食品や日用品など幅広い分野で、鎮痛作用などを伴う大麻由来成分を含んだ製品の販売が拡大している。そして日本でも、すでに大麻由来成分を含んだ製品を手に入れることができるのだ。

>>記事はこちら

#2 11月12日(火)配信
大麻が含む夢の成分「CBD」の効果とは?気になる法制度も解説

写真:アフロ

 世界を席巻する「グリーンラッシュ」。大麻に含まれるCBDは、なぜそこまで人々を魅了しているのだろうか。大麻の基礎知識から、CBDの効果・効能、日本におけるCBDに関する法律や制度まで、徹底解説する。

>>記事はこちら(11月12日〈火〉配信)

#3 11月13日(水)配信
日本でも「大麻ビジネス」合法化の予兆、総合商社も舌なめずり

グリーンラッシュがやってくる予告編
写真提供:ワンインチ

 今年10月、CBDを冠した大学教授のセミナーには300人近い聴講者が集まった。会場に詰め掛けたのは、CBDビジネスを行っている事業者だけではなく、官僚、大手メーカーや総合商社の関係者の姿もあったようだ。日本にもグリーンラッシュの波は確実にやって来ている。

>>記事はこちら(11月13日〈水〉配信)

#4 11月14日(木)配信
大麻ビジネスも「ガラパゴス化」に陥った日本の残念な現状

Photo:123RF

 CBDビジネスが盛り上がりを見せる一方で、違法なCBD製品が日本国内で発覚したケースはすでに存在している。なぜそんなことが起きたのか。なぜ税関を通り抜けることができたのか。制度も法も追い付いていない日本はグリーンラッシュとどう向き合えばいいのか。

>>記事はこちら(11月14日〈木〉配信)

#5 11月15日(金)配信
大麻由来成分の国内販売製品を抜き打ちチェック!違法性は大丈夫?

Photo:ZUMA Press/アフロ
11月15日に配信予定だった「#5 大麻由来成分の国内販売製品を抜き打ちチェック!違法性は大丈夫?」は、データ取得の見通しが立たなくなったため、配信を中止させていただきます。ご愛読いただいている皆様にご迷惑をおかけし、重ねてお詫び申し上げます。

Banner designed by Kaoru Kurata