単身者でも持ち家取得が
当たり前の時代になる

 最近、「ねんきん定期便」で自分の年金支給額がわかるようになった。その65歳以降の支給額を見てみよう。年金支給額は現在の高齢者は多いが、年齢が若いほどもらえる額が少ない。定収入が少ないと賃貸入居も断られる始末になる。

 最近、高齢者でも働く意欲を持つ人が増えたのは、生活苦を反映している。しかし職に就くにしても、アルバイト程度の誰でもできる仕事が多く、時給も低い。家賃のために定年後の生活をわびしいものにさせていないだろうか?

 解決策は1つしかない。これまで先人たちがやってきたように、自宅を持ち家として手に入れるのだ。そのためには、自分の年収がある程度あるときに、その信用を活用して自宅を買うしかない。タイミングは早い方がいい。住宅ローンを実質定年の65歳までに完済するためにも、遅くとも30歳までに家を購入するのが望ましい。

 購入タイミングが遅れるほど定年後のローン残高が多くなり、老後破産することになりかねない。30歳では結婚も出産もまだかもしれないが、結婚・出産と自宅購入は全く「別のもの」と考える方がいい。自宅を先に持っても、結婚・出産の障害になることはない。資産性がある自宅選びができている限りにおいて、いつでも引っ越すことができるからだ。

 社会人であれば、単身者でも若い人でも早めに家を買うことを考えるところから始めよう。自分の老後は自分で設計しないと、誰も代理でやってはくれない。自宅を買うことは8割以上の人がやってきたことだ。大そうなことではないから、気楽に考える方がいいのではないか。

(スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント 沖 有人)