好きな食べ物を左右する「味覚のプログラミング」

 これは味覚のプログラミングと呼ばれていて、赤ちゃんが生まれた直後でも試すことができる。授乳期間中にサヤインゲンと桃を食べていた母親が子どもに授乳すると、離乳したあとの幼児もまた同じ好みを示すようになった。

 胎盤を通過するものがなんであれ、それが胎児の好みに影響を及ぼす可能性があるというわけだ。 

 胎内で食べ物の好みが決まるのなら、将来、わが子に果物や野菜を食べさせるために、妊娠後期の母親はベジタリアンになるべきなのか?

 仮説を立てるのはしごく簡単。そして、警告するのもやはり簡単だ。こうした研究は、現在、判明している研究結果の一部にすぎない。だが、親はこうしたデータが意味するところを、つい大げさに解釈してしまう。

 たしかにどれも研究テーマとしては興味深いけれど、現在のデータだけでは胎児の脳のはたらきの謎を解明するにはまだ充分ではない。ただ胎児の段階で、すでに脳が機能しはじめていることをあきらかにしているにすぎないのだ。

(本原稿は『100万人が信頼した脳科学者の絶対に賢い子になる子育てバイブル』ジョン・メディナ著、栗木さつき訳の抜粋です)