新幹線の開通で国鉄も国際標準軌を持つこととなって、1435mmを標準軌、1067mmを狭軌とするように変更したのである。

 日本の多くの標準軌鉄道のルーツは電気鉄道だった。明治、大正期のモーターはかなり大きく、高速運転をするためには高出力のモーターが必要で、より大きくなる。これら大形モーターを台車に収納するには標準軌のほうがしやすかった。このため標準軌による電気鉄道が多く開通したのである。

 また、最近開通した、いわゆるミニ地下鉄はリニアモーター駆動であり、これも標準軌のほうが収納しやすい。このためすべてのリニア駆動のミニ地下鉄は標準軌になっている。

標準軌でも狭軌でもない
京王線・新宿線の馬車軌間

川島令三 思わず誰かに話したくなる鉄道なるほど雑学鉄道のディープなウンチク満載の川島令三氏の新刊書

 京王電鉄の京王線(支線を含む)や、同線と直通運転をしている都営新宿線の軌間はあまり例のない1372mmである。この軌間のことを馬車軌間あるいは特殊軌間と呼んでいる。明治15(1882)年に開業した東京馬車鉄道はニューヨークの馬車鉄道のシステムを導入しており、この馬車鉄道の軌間が1372mmだった。

 官設鉄道は1067mmの狭軌を採用し、これを“標準軌”として国内の鉄道の軌間を統一するため、1067mm軌間を採用するように規制する私設鉄道条例を公布した。

 しかし軌道条例、すなわち道路上に敷設する路面線では軌間の規制がなかった。京急や阪神も軌道条例のもとに開業し、軌間は1435mmを採用した。とくに阪神は、路面区間を極力少なくして官設鉄道に対抗しなくてはならない。そのために「広軌高速」というフレーズで1435mmを採用したのである。

 東京馬車鉄道は電化ののち公営化されて東京市電になり、東京市内の路線網を拡充していった。その東京市電と直通した、あるいはしようとした、京浜電鉄、京成電気軌道、京王電気軌道、玉川電気鉄道、王子電気軌道も1372mm軌間を採用した。