スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダー、星友啓校長(1977年生)だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長初の著書『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち2万部重版。日経新聞と朝日新聞にも掲載された。
星校長は東大→スタンフォードとエリート街道まっしぐらと思いきや、プー太郎生活の日々もあったという。
スタンフォード大学・オンラインハイスクールが設立されたのは今から15年も前。設立当初から関わり、校長として世界中の様々な学術・教育のエキスパート100人を束ねながら、10代の子どもたちの教壇にも立っている。コロナ禍で全世界から星校長の活躍に注目が集まっている。
このたび、本書を「現代版『武士道』というべき本。新しい世界に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」と評したベストセラー作家で“日本一のマーケッター”の神田昌典氏と星校長が初めてオンラインでつながり、オンライン読書会を開催した。
神田氏は、世界最大級の読書会コミュニティ「リードフォーアクション」の創設者である。リードフォーアクションでは、オンラインでの読書会を2018年頃より積極的に開催しており、現在では、日本だけではなくアジアをはじめ世界中に在住する日本人が、このオンライン読書会に参加してくるという。まさにオンラインで世界中とつながる場を創っている団体である。このオンラインでの学びの場を共通点をきっかけに、リードフォーアクションの読書会でのコラボが実現した。その貴重なやりとりを実況中継する。(11/21「The Salon:スタンフォードの聞く力『アクティブ・リスニング』」も話題沸騰)

Photo: Adobe Stock

”The Power to Survive”
コロナ時代にぴったりのメッセージ

神田昌典(Kanda Msanori)
経営コンサルタント・作家・日本を代表する国際的マーケッター
アルマ・クリエイション株式会社代表取締役
日本最大級の読書会である、一般社団法人リードフォーアクション代表理事
上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。
大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。
戦略コンサルティング会社、米国家電メーカーの日本代表として活躍後、1998年、経営コンサルタントとして独立。
コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会(現在は「次世代マーケティング実践協会」)を創設。
同会は、のべ2万人におよぶ経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。急成長企業の経営者、ベストセラー作家などを多数輩出した。
1998年に作家デビュー、100冊以上の著作を持つベストセラー作家である。
2018年、国際的マーケティング賞として著名な「ECHO賞」の国際審査員に選出。
ビジネス分野のみならず、NPO法人学修デザイナー協会理事を務めるなど、教育界でも精力的な活動を行っている。

木村祥子(ファシリテーター。以下、木村):ありがとうございます。あっというまの時間でした。確実にあと1時間、2時間いけますが、そろそろ終了の時間です。

神田昌典(以下、神田):はい。やはり本と著者の声の相乗効果での学びは、最強ですね。

星先生のお話を聞いた後に、『スタンフォード式生き抜く力』をもう1回、読み直していただくと、行間を含めてかなり深く理解いただけると思います。ご自身の教育、それから、ご家族ご子弟の教育に活かせるのではないかなと思います。

最後に、星先生の公式サイトがあります。

私も拝見しました。星先生のサロンもあるようですので、ご関心ある方は、そちらのほうもご覧いただくといいですね。

星先生、今回初めての本を出されまして、日本の教育に関してもこれからなんらかの活動をしていく意向はあるのでしょうか。

星 友啓(以下、星):はい。ありがとうございます。この本を本当に通して日本の方々にメッセージを届けられたらなと思うようになりました。

今回のような素晴らしい読書会を設けていただき、まだ日本語しゃべれるなと実感できましたので、日本に向けてメッセージを発信できたらと思います。

本当に皆さん、今日はありがとうございました。(笑)

神田:ありがとうございます。

木村:神田さんはいかがでしたか。今日印象に残っていることは?

神田:私の子どもが中学の頃、少し引きこもりがちだったので、スタンフォード大学・オンラインハイスクールというオプションを知っていたら、世界に飛び出すという、別の可能性が開かれたかもしれない。

コロナによって、オンライン教育を、世界中どこにいても受けられるというオプションが急速に整いはじめました。

そのグローバル教育の分野では、誰がリーダーシップを握るかというときに、日本から飛び出して世界で活躍する星先生のような方が実績を挙げられた。その経験と内容を今回、本を通じて公開してくれたことは、あとに続く方々にも門戸を開くことになったと、私は考えています。

令和になり、日本の地盤沈下が叫ばれているものの、道徳的な思想的部分で、まだまだ我々はリーダーシップを発揮できるポテンシャルがあるのではないか。まさに”The Power to Survive” コロナ時代にぴったりのメッセージを星先生は今回与えてくれました。

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

木村:ありがとうございます。星先生、もしよかったら最後に感想をいただけると嬉しいです。

星:本当に素晴らしかったです。私もオンライン授業ではアイスブレイク的なことをたくさん入れないといけないと言っているのですが、まさに神田さんが模範的にやられていたので、私も勉強になりました。

生のライブで質問をいただき、答えさせていただくのが、僕の中ではエキサイティングで楽しいですね、この時間をみなさんと共有できたのは本当に嬉しかったです。本を読んでいただきながら、よい質問もいただき、本当に楽しかったです。ありがとうございました。

神田:ありがとうございます。最後にみなさんに提案です。せっかくですから、またこの本を精読されることになるとは思いますが、今の時点での星先生のこの著作に対する感想及びエールなどがあればですね、チャットのほうに記載してお送りいただけませんでしょうか。日本の教育の代表者として、ますますの活躍を祈ります。みなさんエールのほどお願いいたします。

木村:ありがとうございます。今日はこの出版の担当をしてくださったダイヤモンドの寺田さんもいます。

神田:寺田さん、編集者として、いかがでしたか?

寺田庸二(『スタンフォード式生き抜く力』編集者):どうもこんにちは。皆さん、ありがとうございます。すごく神田さんの質問力と星校長の聞く力、アクティブ・リスニング力がシンクロしてて、ワクワクのエキサイティングな1時間でした。

木村:はい、ありがとうございます。皆さんからも感想をたくさんいただいてます。ありがとうございます。嬉しいですね。あっというまの時間でした。

神田:ソーシャルディスタンスないから、星先生にハグしよう(笑)。

木村:神田さんのハグが受ける(笑)。

神田:星先生ハグ。

木村:ありがとうございます。はい、ありがとうございました。

私自身もそうなんですが、この本に感銘を受けられた方は、ぜひこの『スタンフォード式生き抜く力』を、会社の同僚、家族、友達にお薦めしていただければと思います。そして、SNSやレビューを書いていただけたらと思います。

そして、私たちRead for Actionでは、読んでつながる、力に変えるをスローガンに、今回のようなエキスパートカフェをはじめとした読書会の活動をしております。2011年に発足して来年でちょうど創設10年になるのです。

10年を機に、私たちと活動していただける読書会のファシリテーターを大募集していきたいと思っています。

それでは、星先生の『スタンフォード式生き抜く力』エキスパートカフェに参加いただきましてありがとうございました。これをきっかけに、皆さんの新しい一歩を踏み出していただき、少しでもギフティッド教育をはじめ、みなさんの天才性や才能が輝く場のきっかけになることを心から願っております。本日はありがとうございました。

神田:ありがとうございました。星先生、ありがとうございました。