服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ着ておけば間違いない!」という服選びの必要最小限の理論だけを伝授する。(こちらは2019年11月14日付け記事の再掲載です)

安く見える「ダウン」を選んでいないか?

冬はダウン1枚だけで乗り切る!
そんな男性も多いはずです。
だからこそ、ちゃんと「選び方」を知っておかないと、見た目で損してしまいます

ダウンジャケットの定番は、ユニクロの「ウルトラライトダウン」でしょう。
しかし、これは多くの人が着ているため、かぶりがちです。

しかも、赤や緑などの派手な色を選びがちなのですが、どうしても「安っぽく」見えてしまいます。

センスの悪い人が買う「ダウンジャケット」はこれだ!買ってはいけないダウンジャケット イラスト:須田浩介

センスのいいダウンは、「テカテカした光沢がないもの」です。
デザインは、とことんシンプルで、ネイビーやブラックなど、色が濃いものがおすすめです。
ユニクロであれば、「シームレスダウンパーカ」がおしゃれアイテムとして優秀です。

センスの悪い人が買う「ダウンジャケット」はこれだ!買ってもいいダウンジャケット イラスト:須田浩介

ダウンジャケットは、モコモコして着膨れして見えがちです。
なるべくタイトで暗い色のものを選ぶようにしてください

どうやって「ダウンジャケット」を着ればいい?

下のコーディネートのように、体にフィットしたサイズを選びましょう。
着丈も、腰の位置くらいの短めのものがよいです。
選ぶときのポイントは、前のジップを締めて腕をおろしたときに、腕と体の間に少し空間ができるのが理想です。

アウターにボリュームがあるぶん、中のニットや、ボトムス(ズボン)はタイトなものを着ましょう
そうすることで、全体的に引き締まって見えます。

みんなが着るアイテムだからこそ、ちゃんと選び方をマスターすれば、周りと大きな「差」がつきます。