コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

メール送信 グループ
Photo: Adobe Stock

質問
 無料で複数人が安全に同じメールを受け取る方法、ありませんか?

「info」とか「support」とかのメールアドレスを作成し、外部からの問い合わせに複数のスタッフがスピーディかつ安全に対応できるようにしたいです。

 こういった仕組みってGoogleのアプリでできませんか?

回答
「Google グループ」を使えば、グループアドレスが無料で作成できます!

「Google グループ」を使えば、1つのメールアドレスでグループのメンバー全員にメールが届くようになります。

 また、このグループアドレスを使って、Google カレンダーからミーティングや会議にメンバー全員を一瞬で招待することができますし、Googleドキュメントやスプレッドシートの「共有」でも使うことができます。

 なお、Googleグループには2つのバージョンがあります。

 誰でも無料で利用できるバージョンと、有料のGoogle Workspace(旧 G Suite)ユーザーが利用できるバージョンです。どちらのバージョンを使っているかによって、実行できるタスクとアクセスできる機能が異なります。

 Google グループは、Google アカウントでログイン後に「groups.google.com」でアクセスできます。グループは、画面左側に表示されている[グループを作成]ボタンをクリックすると、3ステップのウィザードで簡単に作成できます。

 まず、そのグループの目的が容易にわかる名前をグループ名として入力しましょう。名前の長さは73文字以下にする必要があります。

 次にグループメールを決定します。@前に半角英数で希望する文字列を入力します。無料版はすべて「@googlegroups.com」になります。Google Workspaceユーザーは@以下を独自ドメインに指定可能です。グループの説明は省略可能。入力すると、グループの概要に表示されます。

[次へ]をクリックして、2/3のウィザードでGoogle グループでコンテンツを閲覧、投稿、管理できるユーザーを指定し、プライバシー設定を実施しましょう。

[次へ]で3/3のウィザードが開き、メンバーを追加できます。[グループを作成]で完了です。

グループを作成2

 Google Workspaceのユーザーは、組織外からのグループアドレスへのメールを受信しない(自社ドメイン内のみで利用)、あるいは受信可能にする、管理者が一度チェック後、各メンバーに送信されるようにするなど、細かな管理設定が可能になります。

 グループアドレスを使うと、「いつものメンバー」に一瞬で共有をかけることができるようになります。ぜひご活用ください。

 使っているけど案外知らないGoogleアプリの活用術あれやこれや。

 このリモートワーク時代、「知っていれば得」ではなく、もはや「知らないと大損」です!

 Googleツールで10Xする方法に興味があれば、ぜひ拙著『Google式10Xリモート仕事術』で、そのヒントを見つけてみませんか?(セミナー案内はこちら