歯ぎしりの
セルフチェック

 歯ぎしりは自覚している人もいれば、自分で全く気がついていない場合も結構あります。睡眠中の歯ぎしりは8~16%の人がしているのですが、クレンチングは音がしないので本人も周囲の人も気付きにくく、そのまま放置され、さまざまな弊害が起こるので要注意です。

 次のようなことがあったら、既に歯ぎしりが常習になっている可能性があります。

◎スリープパートナーから、1年に3回以上歯ぎしりを指摘されたことがある。
◎朝起きたとき、顎(あご)や頬に強ばりやハリを感じることがある。
◎頬や顎が突っ張って口を開けにくいことがある。
◎昼間でも気がつくと上下の歯を噛み締めていることがある。
◎去年(の顔写真)と比べて下膨れの顔になった。
◎下の歯の内側の歯茎にコブのような盛り上がりができた。

 もし上記に当てはまらなくても、心配な場合は、専門医療機関で「筋電図」による検査を受けましょう。

歯ぎしりの
危険性

 通常、歯ぎしりは自分の体重ほどの力が歯にかかり続けます。噛み締める力が強い人は体重の2~5倍もの力になり、口の中に次のような悪影響が出ます。

幸町歯科口腔外科医院の宮本日出院長
幸町歯科口腔外科医院の宮本日出院長

◎歯のすり減り
 上下の歯がギリギリと擦り合い続けることで、歯が異常にすり減ります。歯の高さが低くなり、口元の長さが短くなり老けて見えます。

◎歯の破損
 歯が欠けたり割れたりする原因に歯ぎしりが大きく関わっており、これにより歯を早期に失うことになります。ムシ歯の治療で詰め物が入っている場合、詰め物が外れる原因になることも。

◎歯周病の進行
 歯ぎしりを放置すると歯周病が一気に進行します。

◎知覚過敏
 歯の根元に力(応力)がかかり続けることで、その部分がくびれて知覚過敏となります。また歯がすり減ったり、歯の表面に亀裂が入ったりすることも知覚過敏の要因に。