大人と子ども、両方への
性教育がもたらす2つのメリット

 村瀬氏は、高校の保健体育教師を務めていた頃、日本の性教育の遅れや不足に危機感を持ち、独自に性を学び、生徒たちに教えるようになった。高校を退職してからは、一橋大学や津田塾大学で「セクソロジー」を講義し、性に関する書籍を数多く執筆してきた。

「性について理解が深まるにつれて、もっと早くから学んでいれば、もっと早く自分に自信が持てたし、もっと早く心地よい関係づくりができたと思う」と村瀬氏は語る。

 村瀬氏によれば、日本の性教育は世界の中でもかなり遅れており、アジアの中でも中国や韓国のほうが意欲的に取り組んでいるという。その半面、世界のポルノの約6割が日本で作られており、「性産業先進国」とやゆされてきた。こうした状況の中で、「性教育=ポルノ」「性教育=セックス」という誤解が生じ、性教育の必要性が理解できない大人が跡を絶たない。

 そこでまず大人は、以下の2点を肝に銘じるべきだという。

(1)「性教育」と「ポルノ」は、全く違うものだと認識をアップデートすること
(2)セックスは、性教育のたくさんあるテーマのひとつにすぎないこと

 性教育とは本来、「いのち・からだ・健康」の学問。そして人格を育てるのに必須の「教養・知性」だと村瀬氏は言う。

 つまり、性を学ぶことで、以下のような2つのメリットがあるという。

(1)性的トラブルを避けられ、万が一トラブルに遭っても解決に向かって適切に対処できる人間になる
(2)自分の性や身体に対して肯定的に捉えられるようになり、自己肯定感の高い人間になる

 自己肯定感の高い人は、自分だけでなく、相手も尊重できる。そのため、性の正しい知識は、幸せな人間関係を築くための土台となる。

 人々が男女の性の違いや多様な性のあり方などを理解できるようになれば、社会は、家庭は、会社は、学校は、もっと過ごしやすく、楽しく、明るくなるのではないだろうか。

 次回から、みなさんとともに、性について学んでいきたいと思う。

(ライター・グラフィックデザイナー 旦木瑞穂)