ちなみに、包皮を引いて亀頭を露出させることができる場合は「仮性包茎」。包皮を引いて亀頭を露出しようとすると痛みを伴って露出が困難な場合は、「真性包茎」という。真性包茎の場合、そのままにしておくとペニスの発育が阻害されたり、尿の出が悪くなったり、時には尿が逆流して腎臓に障害を及ぼすこともあるという。そうなる前に病院を受診しよう。

「オシッコのときも、包皮を少し体の方に引いてすると、ペニスの先にオシッコがつきにくくなります。包皮とペニスの間にアカがたまると炎症を起こしやすくなるので、入浴時には包皮を下げて優しく丁寧に洗い、洗った後は包皮を戻しておく習慣をつけることをオススメします」(村瀬氏)

 私は10歳になったばかりの女児の母親だが、ふと、「男児の母親たちはどこでこの知識を得るのだろうか」と疑問に思った。しかし次の瞬間、「男性自身はどこでこの知識を得るのだろうか」という疑問に変わった。

 夫に聞いてみると、包茎の対処法や洗い方などは、学校では学ばないという。そういえば、子どもの頃、弟が読んでいた少年漫画雑誌に、包茎の治療に関する広告が載っていた記憶がある。もしかしたら、思春期に人知れず包茎に悩んだ男性は少なくないかもしれない。

 前回の記事で紹介したように、現状の性教育の教科書には性的接触や性交についての記載はない。また、「女性のお腹の中で赤ちゃんは育つ」としながらも、受精のしくみについては扱わないなど、重要な部分が抜け落ちている。そのため、「何となく言葉の意味は分かるが詳しく説明できない」という大人は少なくないだろう。続いて、2位の「射精」についても、村瀬氏に伺った。

「射精のしくみ」を子どもに
いつ・どのように教えるか

 男子は思春期になると、精巣で精子が作られるようになる。その数、1秒に約1000個。1日に約7000万個以上といわれる。精子の大きさは0.05ミリで、頭部にその人の遺伝子(染色体)が入っている。男子が性器に外的な刺激を受けたり、性的に興奮したりすると、ペニスの中の海綿体に大量の血液が送り込まれ、ペニスは大きく硬くなる。これを勃起という。

 一方、精子は精管を通って精嚢(せいのう)や前立腺でできた液体と混ざって精液となる。精液とは別に、カウパー腺という部分から出るアルカリ性の分泌液があるが、これは「先走り」ともいわれ、普段酸性環境である尿道を中和し、後から来る精液を通りやすくする役割がある。性的刺激が持続すると、ペニスがリズミカルに強い収縮と弛緩(しかん)を繰り返し始める。これによって精液が押し出され、ペニスの先から数回にわたって射出される。これが射精だ。

 一度の射精で射出される精液の量は一般的には3~5mlで、その中には約3億の精子が含まれているといわれている。