国や中央銀行などの発行者がいない
ビットコインの基本的な仕組みとは?

 ビットコインには、通常の通貨のように国や中央銀行などの発行者がいない。実際の紙幣や硬貨は発行されず、通貨を管理する主体も存在しない。要するに、インターネットの中で流通する「架空の通貨」だ。

 2009年5月、サトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文がビットコインの始まりと言われている。その論文の中で主張された、国や中央銀行などの権威的な組織に囚われないシステム構築に賛同したインターネットユーザーなどが、開発・普及させたと言われている。

 具体的には、マイニング(採掘)と呼ばれる、かなり高度な演算の問題を解く作業によって、ビットコインを手に入れることができる。ただしシステム上では、ビットコインの上限は2100万ビットコインに制限されている。

 一方演算問題が解けない人は、インターネット上の取引所に行き、一定の手続きとわずかな手数料を支払って、円やドルなどの実際の通貨と交換することができる。入手したビットコインは、取引所を通して他の人に売ることもできる。ビットコインは、すでに一部の商店やレストランで実際にお金として使うことができる。また、国境を越えて資金決済を行なったり、個人ベースで送金することも可能だ。

 決済などの場合、銀行などを通さず、インターネット上の口座を通すためコストがほとんどかからない。その他にも、パソコンさえあれば、好きな時間に、好きな相手と取引ができるなどのメリットがある。一時期は、インターネット上で「価値の安定した通貨の代替物」として流通が高まった。

 ビットコインは金と同じように、そのときの需給状況によって価値が決まる。欲しい人が売りたいという人より多ければ、価値は上がる。逆に、売りたい人の方が多ければ、価値は下がる。