「夢の配当金生活」実現メソッド
【第7回】 2017年10月27日公開(2018年3月3日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
個人投資家・立川 一(たちかわ・はじめ)

株式投資を始める前に直面する3つの問題を解決!
「時間がない」「リスクを取りたくない」「家族の
理解が得られない」という悩みを解決する方法とは?

投資未経験者が抱える悩みで多いのは「時間がない」
「リスクを取りたくない」「家族の理解を得られない」の3つ!

 こんにちは、個人投資家の立川です。

 過去6回のこの連載で、「増配株投資」の有利性やリスクコントロールのしやすさなどを紹介させていただきました。しかし、ザイ・オンラインの読者の中には、株式投資に興味はあるけれど、あと一歩踏み出すのをためらっている方もいらっしゃることと思います。

 そこで、今回からは「増配株投資」の実践編として、サラリーマン投資家が実際にどのように投資に取り組んでいくべきかを考えてみたいと思います。

 私は自分が株式投資をしていることを周囲にオープンにしているので(もちろん資産額はナイショですので、知人は私のことを株主優待投資家だと思っているようです)、株式投資に興味をもって質問に来る人も少なくありません。しかし、質問に来た人のほとんどは、実際に株式投資に踏み切ることはありません。

 投資をためらう理由を聞いてみると、ほとんどの場合の次の3点に悩まれているようです。

①投資に時間をかけたくない、または時間をかけられない
②大きなリスクを取りたくない
③投資に対する家族の理解を得るのが難しい

 もちろん、貯金だけで資産形成を達成されている方もたくさんいらっしゃいますので、それなりの勉強とリスク管理が必要な株式投資を無理して行うことはありません。

 しかし、株式投資だけが持つ有利な点と、多くの人が心配するリスクは誰でもコントロールが可能であることを理解せずに投資をためらうのは、非常にもったいないのではないでしょうか。

 そこで、今回は「株式投資へ一歩踏み出そう」と題して、投資を始める際の問題点を一緒に考えてみましょう。

【問題点①】
投資に時間をかけたくない、または時間をかけられない

 上場企業は4000社近くあり、さらに投資信託や海外の株式もネット証券で売買できる昨今、証券口座を開いた途端に数万単位の投資対象があなたが投資するのを待っています。その中から、リスクを抑えつつ、それなりのリターンを得られる投資対象をどうやって探したらよいのか、途方に暮れてしまう方も多いことでしょう。

 しかし、当コラムで紹介している「増配株への投資」は、配当の推移が銘柄選びのポイントとなります。最もシンプルな増配株への分散投資なら、投資の検討段階では過去の配当額の推移を調べ、PERなどの指標が割高過ぎないものを選び(連載記事「第6回」を参照)、実際に投資したあとは配当推移を確認するだけです。

「増配株投資」の場合は、年に1~2回もらえる「配当」が目的となるので、日々の値動きに翻弄されることは少なくなり、勉強や銘柄選び、投資後のフォローにかかる手間や時間も最小限で済みます

 実際に「増配株投資」を始めてから、徐々に各種指標の見方や決算書の読み方なども少しずつ勉強していくと理想的ですが、まずは増配株への投資を続けるだけでもいいでしょう。

 実は各種指標の見方や決算書の読み方などは、中学校卒業程度の数学を理解できていれば、ほんの少し時間を費やすだけで理解できるようになります。まずはシンプルに増配株への投資を始めて、いずれ時間に余裕がでてきたり、もっと興味が湧いてきたりしてから勉強を始めても決して遅くありません。

【問題点②】
大きなリスクを取りたくない

 残念ながら、株式投資に絶対はありません。どんなに優れた会社の株に投資しようとも、株価の値下がりリスクや会社の倒産リスクはゼロにはできません。これは、かつて一流と言われた大企業が悲惨な状況になっている昨今の事例を見ても明らかですし、大きな問題を起こしていなくても株式相場の大きな流れに巻き込まれて一時的に株価が低迷することもあります。

 このように、株式投資をする限り、リスクを「ゼロ」にすることはできません。ただし、リスクを背負わなければリターンを得ることは不可能です。そこで考えるべきことは、「大きなリスクを取りすぎない」ということと、「取るリスクをできるだけ小さくする」ということです。

 ある会社が配当を出すためには、配当実施後でも企業活動の継続に必要な十分なキャッシュが十分になくてはなりませんし、増配し続けるには増益を継続できる優れたビジネスを持つ企業でないと無理です(連載記事「第2回」を参照)。つまり、増配株を選ぶ、ただそれだけでリスクはグッと小さくなり、時を経て投資元本が回収できればリスクフリーにすることもできるのです。

 そして、「大きなリスクを取りすぎない」ためには、資産に対する株式のウェイトを小さめにスタートすることが大切です。

 さらに、「取るリスクをできるだけ小さくする」ためには、 「複数の銘柄に分散」して「時間を味方につける」ことが重要になります。

 連載記事「第4回」の「増配株への分散投資は、預貯金よりもリスクが低い? 配当金だけで投資元本を回収できる期間が短くなり、元本回収後はリスクフリーで高い配当金がもらえる!」で紹介したとおり、やり方を工夫することによって「増配株投資」は預貯金よりもリスクを小さくすることができます。また、「時間を味方につける」ことによって、配当や株主優待で元本を回収しリスクフリーを目指すことが可能になるのです。

【問題点③】
株式投資に対する家族の理解が得るのが難しい

 日本では、株式投資で資産形成をするということはまだまだ一般的ではなく、どれだけリスクを抑えた投資手法を実践しても、ギャンブルのように捉えられることもしばしばです。

 確かに、株価は日々変動するため、時価評価額が増減します。そして、それを利用して短期間で利益を得ようとして、無謀な取引を行った結果、逆にお金を減らしてしまう人も数多くいるのは確かです。

 しかし、これまでの連載記事で紹介してきたとおり、株式投資は長期的に取り組むことで非常に有利な資産形成手段となります。あなたが堂々と株式投資を始めるためには、株式投資が家族の将来に役立つことをあなた以外の家族に理解してもらう必要があります。

 家族の理解を得る方法として、「株主優待」に勝るものを私は見たことがありません。例えば、100円ショップを展開するワッツ(2735)の自社商品や、CDG(2487)のボックスティッシュが株主優待で届くのを初めて見たとき、私の実家の女性陣は「え? これがタダで送られてくるの?」と大喜びしていたことを今でも覚えています。
(※「株主優待銘柄」の例として「ワッツ(2735)」と「CDG(2487)」を挙げましたが、私個人がこれらの銘柄への投資を推奨するものではありません)

 増配をしている株主優待株を保有して、株式投資に興味をもってもらうことで、家族の株式投資への理解に要する時間を短縮することができると思います。

 誰でも初対面の人と会うときは警戒しますが、共通の知人や趣味があれば、仲良くなるまでの時間を短縮することが可能になります。株式投資も同じく、まずは興味を持ってもらうことが大切です。短時間で興味をもってもらうために、最も単純で役立つのが「株主優待」なのです。一度、理解を示してくれればしめたもの、あとはあなたが株式投資に取り組んで、株式投資が家族の将来のための資産形成に大いに役立つことを立証するだけです。実績を上げれば、家族は徐々に理解してくれることでしょう。

 投資にかかる時間は想像しているほど長くなく、リスクも十分にコントロールすることができ、家族の理解を得ることもできそう……ということで、いよいよ株式投資に対する迷いが吹っ切れたら、まずは実際に1銘柄か2銘柄買って見ましょう。

 私はリスクを抑えるために「増配株投資」を推奨していますが、もし「増配株」にピンとくる会社がない場合は、とにかく自分の好きな銘柄を買って見るのもいいかもしれません。買ったあとは、毎日株価が変動すること、自分の資産が増減するということに慣れましょう。そして、配当や株主優待をもらうとはどういうことかを実感することから株式投資がスタートします。

3つの悩みを一挙に解決できる、株主優待が魅力的な増配株を紹介!
「QUOカード」+「選べるギフト」で、高利回り&家族も喜ぶ!

 最後に、今回紹介した3つの悩みを一度に解決できそうな参考銘柄を一つ紹介いたします。いつものことですが、あくまでも一例で、私が投資を推奨するものではありません。

 日本コンセプト(9386)は、タンクコンテナを用いた化学品、薬品、食品材料などの液体物流サービスを提供している会社です。

 10月23日現在の株価1250円に対して、一株当たりの予想配当が30円ですので、100株の保有で2390円(税引後)の配当がもらえます。

 この配当が続くとすると、以下の計算で元本の回収時期がわかります。
12万5000円÷2390円=51.7

 つまり、配当で元を取るのに52年の時間がかかります。しかし、1年以上にわたって保有すれば、1000円のQUOカードが株主優待でもらえるので、これを加味すると元を取るのにかかる時間は37年まで短くなります。
12万5000円÷(2390+1000)=36.5

 さらに日本コンセプトは以下のように結構な勢いで増配をしており、今後も長期的に増配する可能性が高いでしょう。今までよりも緩やかなペースであっても、増配を継続すれば10年~20年で元が取れてしまいます。増配傾向にはありますが、連続増配をしていないので、「増配株ランキング」などで注目されることもなく、株価も予想PER13倍程度と割安水準にあります。

■日本コンセプト(9386)の配当金の推移
基準月 2009年
12月
2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
(予想)
配当金額
(税引前)
3.33円 3.33円 3.33円 10.00円 10.00円 18.00円 20.00円 30.00円 30.00円
※株式分割考慮後の配当金額

 また、QUOカードに加えて、中間期末の株主優待として2000円分の選べるギフトがあるので、家族の株式投資への理解も得やすいでしょう。このように増配+QUOカードの株主優待で元本の回収がしやすく、さらに選べるギフトによって家族の理解も得られやすいという都合のよい銘柄をいくつか探して分散投資をすれば、リスクを最小限に(上手く行けばリスクフリーに!)抑えて資産形成ができてしまうのです。

 それでは、今回の内容のおさらいをしてみましょう。

【ポイント①】
「増配株投資」はサラリーマンに無理のない時間で実践でき、そこで得た知識は一生、役に立つ。
【ポイント②】
リスクを小さくするには、「資産に対する株式のウェイト」と「銘柄の分散」でコントロール可能。
【ポイント③】
「百聞は一見に如かず」で、説明を100回するよりも、一度、魅力的な株主優待が届くほうが家族は納得しやすい。

 次回は、「増配株投資」を実践するために証券会社をお得に利用する方法と、サラリーマンがどのように投資に取り組めばいいか、具体的なプランを解説します。どうぞお楽しみに!

■立川さんが利用している証券会社はGMOクリック証券とSBI証券!
⇒GMOクリック証券の詳細(公式サイト)を見る
⇒SBI証券の詳細(公式サイト)を見る

GMOクリック証券 【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(税抜) 詳細情報(公式サイトへ)
10万円 30万円 50万円
88円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
ネット証券でも最安レベル
で、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用中。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【GMOクリック証券の関連記事】
◆株主優待名人の桐谷さんの【お墨付きのネット証券】は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
GMOクリックの口座開設はこちら!

【※立川さんが登場する記事はこちら!】
「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出したシンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説!

株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開! 株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介


個人投資家・立川 一(たちかわ はじめ)さん
(『Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目指す立川一の投資日記』:http://vis2004.blog.fc2.com/)
40代のサラリーマン投資家。中学生のころから株に興味を持ち、2004年から本格的に株式投資を開始。バフェットの本に影響を受け、最初はバリュー投資からスタートしたが、次第に増配株のメリットに気がつき、現在の投資手法を確立する。趣味である楽器演奏の腕前はかなりのもので、週末にはライブ活動も行っているとか。

■「『夢の配当金生活』実現メソッド」バックナンバー

【第1回】
年収500万円以下のサラリーマンが、投資歴13年で資産1億5000万円、年間配当収入300万円を実現!成功のカギは「増配銘柄への投資」を発見したこと!

【第2回】
定期預金の金利より「株の配当」は数百倍もお得!増配銘柄を選べば、自動的に株価下落リスクが低く、優れたビジネスモデルの超優秀な銘柄に投資できる!

【第3回】
増配株は「元本が増える銀行預金」「部屋数が増えるアパート」のようなもの! 追加投資をしなくても配当が増え、価値も上がる「増配株」のスゴさとは?

【第4回】
増配株への分散投資は、預貯金よりもリスクが低い?配当金だけで投資元本を回収できる期間が短くなり、元本回収後はリスクフリーで高い配当金がもらえる!

【第5回】
「株主優待」の有効活用は「配当金生活」への近道!配当だけでなく株主優待にも注目すれば、投資元本は15年以内で回収できて、リスク管理がパワーアップ!

【第6回】
増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは?割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説!

【第7回】
株式投資を始める前に直面する3つの問題を解決!「時間がない」「リスクを取りたくない」「家族の理解が得られない」という悩みを解決する方法とは?

【第8回】
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2018年9月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 429本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2632本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1141本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。2018年8月31日まで「Monex Advisor」で10万円以上の運用をはじめると、抽選でロボット掃除機などのスマート家電が当たるキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2634本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 845本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 180円 180円 0本
【おすすめポイント】
国内株式のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。新規口座開設で3カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング