動画を見ながら、マネしてみよう

試しにYouTubeなどで「phonics」と検索してみてください。かなりの数のフォニックス動画がヒットするはずです。まずはこれらを使ってお子さんと練習してみてもいいでしょう。
たとえば、上位に表示される「Phonics Song」(KidsTV123)は、2017年11月時点で視聴回数が1.9億回、「Phonics Song2」は4.9億回を記録しています。大流行した「PPAP」(ピコ太郎)ですら1.2億回ですから、世界中の親御さんがどれほど子どものフォニックスに関心を持っているかがよくわかると思います。

そのほかフォニックス用の教材をいくつかご紹介しましょう。気に入ったシリーズのものを使い、それに沿って進めていくことをおすすめします。

▼Hooked on Phonics - Learn to Read(Hooked on Phonics)
アメリカで最も有名なフォニックス教材シリーズです。レベルは1~8まであり、それぞれにDVDと10冊程度の絵本がついています。ストーリーに出てくる単語があらかじめ紹介されており、「子どもが自分で読めるようにする」というコンセプトでつくられています。
フォニックス初心者の場合は「Pre-K Complete」(ネイティブの3~4歳向け)からスタートしてみましょう。このレベルが楽しめれば、そのまま「Kindergarten」、さらには「1st Grade」へと進んでください。

▼Oxford Reading Tree - Floppy's Phonics(Oxford University Press)
こちらはイギリスの小学校で「国語」教科書として使われている定番コンテンツです。いくつかのシリーズがありますが、フォニックスが初めての方は「Floppy's Phonics」(6レベル)の「1+」からはじめてみてください。なお、Oxford Reading Treeについて詳しく知りたい方は『イギリスの小学校教科書で始める 親子で英語絵本リーディング』(古川昭夫・宮下いづみ/小学館)も参考にしてください。

▼Jolly Phonics(Jolly Learning Ltd.)
綴りにはこだわらず、50の音から学ぶ「シンセティック・フォニックス」の教材シリーズ。文字の音それぞれにアクションをつけて覚えるのが特徴です。歌やワークブックなどさまざまなシリーズ教材がありますが、まずは音声付きのソングブック(Jolly Songs)からはじめましょう。より詳しく知りたい親御さんは、『はじめてのジョリーフォニックス――ティーチャーズブック』(ジョリーラーニング/東京書籍)も参照してください。

※注:本記事の内容は『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』から抜粋・再構成したものです。記事中の参照文献・おすすめ教材などは、こちらのサポートページでご確認いただけます。
「世界最高の子ども英語」専用サポートページ
https://booksdiamond.wixsite.com/childenglish