中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できるダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「 〜だとしたら?」で切り返す

 相手の話に「〜だとしたらどうする?」と簡単に切り返せるフレーズがあったら、英会話をテンポよく続けていくための強力な武器になると思いませんか? それができるのが「What if...?」(~だとしたら?)というフレーズです。

 英語の中でも「仮定法」というと身構えてしまう人も多いですが、このフレーズを使えば、本来もっと長い文になってしまうようなことを簡単に言えてしまいます。たとえば、「We're having the barbecue party this Saturday.」(今週の土曜日、バーベキューパーティを開くんです)という発言を受けて、「雨が降ったらどうするの?」と聞きたいとき、「What if」を使わなければ、「What would you do if it rains?」となりますが、「What if」を使えば、「What if it rains?」ですんでしまうんです。

 このフレーズが自然に口から出るようにしてしまえば、仮定法だから従属文がどうしたこうした……などといちいちごちゃごちゃ考えずに、直感的にパッパと会話を進めることができるようになります。以下に、さまざまに使い回せる方法を挙げましたので、ぜひ参考にしてください(こうした便利な「使い回しフレーズ」をまとめて頭に入れたい人は本書のダウンロード音声をぜひ使ってみてください)。

こんなふうに使ってみよう

We're having the barbecue party this Saturday.
(今週の土曜日、バーベキューパーティを開くんです)
What if it rains?
(雨が降ったらどうするの?)

Don't worry, James will be here on time.
(大丈夫、ジェームズは間に合うよ)
What if he comes late?
(もしも彼が遅れてしまったら?)

This is our newest product.
(これが弊社の最新商品です)
I like the design, but what if our customers don't like the higher price?
(デザインはいいと思うのですが、お客様が高めの価格に納得しなかったらどうします?)

You look nervous. What's wrong?
(緊張しているみたいだね。どうしたの?)
What if I make a mistake?
(失敗したらどうしよう)

The new website is hard to use.
(新しいウェブサイトは使いにくいね)
What if we try a simpler design?
(もっとシンプルなデザインにしてみたらどうでしょう?)

Where should we have lunch?
(どこでランチを食べようか?)
What if we try that new restaurant?
(あそこの新しいレストランに行ってみない?)

ポイント:「What if」の使い方のバリエーションを頭に入れたら、英語が格段にシンプルになる。ぜひこれを使い回して、英語をもっとカンタンにしよう。

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』を編集して掲載しています)