世の中にはモノやサービスがあふれていますから、誰もやっていない「新しいアイデア」がなければ、ビジエスで生き残ることはできません。こう言うと、「アイデアには才能やセンスが必要だから……」と尻込みする人もいらっしゃいますが、その必要はありません。たった4つのステップをたどるだけで、自動的に「アイデア脳」のスイッチが入って、誰でも楽しく「新しいアイデア」を量産できる思考法があるのです。ソフトバンク、NTTデータ、三井不動産などで続々採用され大好評となっている「アイデア発想法の研修プログラム」=「idea Picnic」を書籍化した『アイデアのスイッチ!』が出版されました。本連載では、その内容を抜粋しながら、画期的なアイデア発想法である「idea Picnic」をご紹介します。

早速ですが、問題です!

あなたはデパートのオーナーです。
連日、お客さまでごった返すほどの大繁盛。
ところが、ある問題に頭を悩ませています。
「エレベーターを待つ時間が長すぎる!」
そんなクレームがたくさん寄せられているのです。

あなたは、
この問題をどう解決しますか?

たとえば、こんなアイデアが浮かぶのではないでしょうか?

たしかに、エレベーターがはやく来れば、
一発で問題は解決しますよね。
でも、どちらも予算がかかりすぎて、とても実現できそうにありません。
ほかにアイデアはありませんか?

……何も思いつかない?
困りましたね……。
では、ヒントを差し上げましょう。
こう言い切ってみてください。
「エレベーターが来るのが遅くても、大丈夫!」
そして、「それって、どういうこと?」
「何があれば、大丈夫になる?」と考えてみてください。

一緒に考えてみましょう。
お客さまがエレベーターを待つ時間は変わらないのに、
大丈夫ってどういうことでしょう?
何が大丈夫なんでしょうか?

そう、エレベーターが来るのが遅くても、
お客さまが怒らない、クレームを言ってこないから、大丈夫ということですよね?

では、なぜお客さまは怒るのでしょう?
エレベーターを「待つ時間」が苦痛だからですよね?
だったら、何があったら、お客さまは怒らないのでしょうか?
「待つ時間」が苦痛じゃなくなる何か……ですよね

それって何でしょうか?
いくらでも思いつきませんか?

どれも効果がありそうですね!

実際、アイデア(5)の「鏡」は実例があります。
『問題解決のアート』(ラッセル・エイコフ著)に、
同じ問題を抱えていたビル・オーナーが、エレベーターを鏡張りにして解決した事例が書いてあるのです。

いかがでしょうか?
莫大なお金をかけてエレベーターを替えなくても、
この問題を解決することはできるのです。