中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか?30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。
脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

さらっとスマートな「OK」の使い方

 ちょっとした交流でもビジネスの交渉でも、会話の際に気軽に許可を求める場面は意外と多いものです。「これ、借りていいですか?」「これ、触っていいですか」「これ、メールで送ってもいいですか?」などなど。

 そんなとき、ネイティブは「OK」という単語をうまく使います。「OK」はすっかり日本語にも定着していますが、英語でも日常的に使います。これを使いこなさない手はありません。

 とくに覚えてほしいスマートな言い回しが「Is it okay to...?」。「~してもいいですか?」と、相手に許可を求めるしゃべりだしフレーズです。なにげない言い方ですが、ネイティブがよく使う言い方です。これひとつ覚えれば、いつでもどんな会話でも使い回せますし、ビジネス英会話でさらっと使えればカッコよく決まるはず。

 もし、もう少し丁寧に言いたいのなら「Would it be okay...?」という言い方もあります。

 さらに丁寧にしたければ、「I was wondering if it would be okay...」というフレーズも使えます。ただ、かなり丁寧な言い方なので、「I was wondering if it would be okay to open the window.」(窓を開けてもよろしいでしょうか)のように、たいしたことではないことにこのフレーズを使うと、逆にいやみに思われる可能性もあるので注意しましょう。

 では、便利でスマートな「Is it okay to...?」の使い方、以下に具体的に紹介するので、ぜひ使ってみてください。

こんなふうに使ってみよう

Is it okay to send the document by fax?
書類をファクスで送っていいですか?
If possible, please send it by e-mail.
できればメールで送ってください。

Is it okay to borrow your computer?
パソコンを借りていいですか?

Go for it.
どうぞ。

Is it okay to leave my bag here?
ここにカバンを置いておいていいですか?

Yeah, I’ll keep an eye on it for you.
どうぞ、私が見てますよ。

Is it okay to leave a message?
ご伝言をお願いできますか?

Of course. Let me grab a pen.
もちろん。いま、ペンを持ちます。

Is it okay to eat the rest of the pizza?
残っているピザを食べていい?

Go ahead, I’m already full.
どうぞ、私はもう満腹です。

Is it okay to go to the restroom?
お手洗いに行ってもいいですか?

Okay, but make it quick.
いいけど、急いでね。

ポイント:さらっとクールに「許可」を取ろう

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』を編集して掲載しています)