桜蔭・雙葉・豊島岡女子・渋谷幕張…。東京・吉祥寺の進学塾VAMOSは、「入塾テストなし・先着順」で生徒を選抜しないのに有名難関校に続々合格させると話題の塾だ。男女別カリキュラムを取り入れたロジカルで科学的な学習法は、保護者から圧倒的な支持を集めている。本連載では、VAMOSの学習メソッドが凝縮された最新刊『女の子の学力の伸ばし方』(ダイヤモンド社)の内容から、子どもの計画・理解・反復・習慣のプロセスを体系化した「女の子の特性」に基づく学習法をお伝えしていく。

わからなくなったら必ず前に戻って再スタートする

 小学生の段階で算数が苦手だった子どもは、中学生になってからも数学が苦手なケースがほとんどです。それは、単純に好き嫌いの問題ではなく、算数(数学)というジャンルは、小1から高3まで一本の道になっており、途中で躓くと先に進むことが難しくなるからです。

 小学生なら、1桁の足し算、引き算、掛け算、割り算ができなければ、2桁の問題は解けません。小数がわからなければ、小数が出てくる方程式は理解できません。算数はとくに、ステップを飛ばしてはいけない教科です。

 算数の成績がなかなか伸びないときには、今やっているところを何度も復習させるより、ちょっと前に戻ってどこで躓いたのかを把握してください。そして、それを反復学習によってしっかり身につけ、そこから1つずつステップを上がっていきましょう。