「人間ドックの方が優れている」は誤解

 それでは、具体的にどのようながん検診を、どこで受診すればよいのでしょうか。がん検診には、国の健康増進法に基づき、市区町村の住民を対象として行う「対策型検診」と、個人が私費で行う(一部もしくは全額を負担する企業もあり)人間ドックなどの「任意型検診」があります。

 対策型検診は、住民全体のがん死亡率減少を目的としています。費用の全額もしくは一部を公費で負担しており、無料もしくは低額で受診可能です。市区町村で行うがん検診に関する国の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」では、胃がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん、大腸がんが検診の対象とされており、同指針では、検診の推奨レベルや、市区町村における実施体制、精度管理についても規定しています。ただし、指針で推奨しないがん検診を実施している自治体や、対象年齢外で実施している自治体もあるので注意が必要です。

 任意型検診は、個人の死亡リスク低減を目的とし、検査項目も検査方法も選択可能です。全額自己負担で行い、最新の検査機器や検査方法を選べますが、科学的根拠(エビデンス)が確認されていない検診も含まれています。

 法的根拠に基づく検診ではないため、実施体制、精度管理などは、施設でそれぞれ異なり、必ずしもがん検診に習熟した医師や臨床検査技師が検診を行うとは限りません。事前にウェブサイトなどで、どのような医師が検診を担当するか確認しましょう。

国が推奨する「5つのがん検診」をチェック

 対策型検診と任意型検診で、推奨される検診方法は異なりますが、ここではスタンダードな対策型検診をベースに、国で推奨する5つの検診に関するポイントを説明します。なお、対策型検診と任意型検診の比較は、国立研究開発法人国立がん研究センター 社会と健康研究センター検診研究部による「がん検診マネジメント 精度管理・受診率向上対策」をご確認ください。