ヨーグルトは大腸がんに効果的?
Photo:PIXTA

男性の大腸がん予防に「ヨーグルト」が有益?

 健康に良い食品として知られるヨーグルトは、男性の大腸がん予防につながる可能性があるようだ。米ハーバード大学医学大学院教授のAndrew Chan氏らが行った研究で、ヨーグルトを週に2サービング以上摂取する男性では、摂取しない男性に比べて大腸がんの前がん病変ができるリスクが26%低いことが明らかになった。

 一方、女性ではこのような関連は認められなかったという。研究の詳細は「Gut」6月17日オンライン版に掲載された。

 この研究は、米国の男性医療従事者を追跡した調査(HPFS)および女性看護師健康調査(NHS)の参加者を対象としたもの。1986年から2012年の間に大腸内視鏡検査を受けた男性3万2606人と女性5万5743人を対象に、4年ごとに実施した食物摂取頻度調査票の結果からヨーグルトの摂取量を評価し、大腸腺腫(adenoma)形成との関連を調べた。なお、「腺腫」は大腸ポリープの多くを占め、がん化しやすい大腸がんの前駆病変とされている。

 研究期間中に男性では5811人、女性では8116人で大腸腺腫が発見された。解析の結果、ヨーグルトを週に2サービング以上食べた男性では、食べなかった男性に比べて、がん化する可能性が高いタイプの腺腫が形成されるリスクが26%低かった。これらの関連は直腸よりも結腸で顕著であった。また、非腫瘍性のポリープが形成されるリスクに関しても、ヨーグルトを週に2サービング以上食べていた男性で19%低かった。一方で、女性では、これらの関連は認められないことも明らかになったという。