TBS系『金スマ』「番組史上最も楽して痩せる食事術!」として紹介され、爆発的な大反響をみせた『内臓脂肪がストンと落ちる食事術

1日2食の半日断食と糖質制限の組み合わせで、誰でも無理なく1週間で2~3kgストンと落ちる。
これは医師である著者自身が長年実践しているメソッドであり、70代目前でありながら20代の頃と同じ体重をキープしており、以下のような効果も身をもって実証している。

☆身長は年をとっても縮んでいない
☆歯は全部残っていて虫歯も歯周病もない
☆視力もよく『広辞苑』の小さな文字も裸眼で読める
☆聴力の低下もない
☆毎日7時間睡眠で夜中に尿意で目覚めることはない
☆定期的に飲んでいる薬もなければサプリメントとも無縁
☆コレステロール値も中性脂肪値も基準値内
☆いまも朝勃ち(夜間陰茎勃起現象)する

「朝勃ち」なんていうと下品に思われるかもしれないが、動脈硬化や内臓疾患、うつ病などのバロメーターにもなる。バカにしてはいけない。

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり……このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。
でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情である。

運動すれば痩せるのはわかっている。
けれど、それができない、やりたくないのだ。

その体脂肪、運動ナシで落とす方法を教えましょう。

ひもじくなるようなカロリー制限はナシ。
お腹いっぱい食べていいし、筋トレもジョギングもしなくていい。

『内臓脂肪がストンと落ちる食事術』で、ポッコリお腹は、気づけばみごとに凹んでしまうのだ。

Photo: Adobe Stock

私の1日2食の1週間

江部康二(えべ・こうじ)
医師、一般財団法人高雄病院理事長
一般社団法人日本糖質制限医療推進協会代表理事。1950年生まれ。74年京都大学医学部卒業。78年から医局長として高雄病院勤務。99年高雄病院で糖質制限食を開始。2000年に理事長に就任。01年から糖尿病治療の研究に本格的に取り組み、肥満・メタボリック症候群・糖尿病克服などに画期的な効果がある「糖質制限食」の体系を確立。05年に『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)で糖質制限食を初めて全国に紹介し、大反響を巻き起こした。以後、元祖・糖質制限のカリスマ医師として活躍。糖尿病関係ではもっとも閲覧者の多い人気ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」を運営中。低糖質食品・メニューの指導・監修にもあたっている。著書に『内臓脂肪がストンと落ちる食事術』『主食をやめると健康になる』(ともにダイヤモンド社)、『人類最強の「糖質制限」論』(SB新書)など多数。

【前回からの続き】

火曜日
 火曜日は、午後から高雄病院での診療です。
 昼食は、仕事に出かける前、午前11~12時頃に自宅で食べます。

 妻がよく薄切り豚肉モヤシキャベツで肉野菜炒めを作ってくれます。
 量はかなりたっぷりです。
 冷や奴海苔細ネギを散らして、副菜を食べることもあります。

 サンマサバなど、季節の青魚を焼いて食べることもあります。
 その場合、一尾では足りないので、二尾食べます。
 副菜は葉物野菜のサラダゆで卵マヨネーズで作られた市販のタルタルソース(低糖質です)をかけて食べています。

 あとは野菜で具だくさんにしたみそ汁を飲んでいます。
 みそ汁の代わりに、生協で買った糖質がごく微量のフリーズドライたまごスープを飲むこともあります。

 夜は自宅でしゃぶしゃぶ鉄板(ホットプレート)焼きのいずれかです。
 牛肉や豚肉を昆布だしでしゃぶしゃぶにしたり、同じく昆布だしにタラブリホタテなどを入れて海鮮鍋にしたりします。

 味つけは、糖質が多い市販の「ごまだれ」ではなく、糖質オフのポン酢が定番です。
 一般的なポン酢は100gあたり「糖質12g」を含みますが、私が愛用している糖質オフのポン酢は糖質を60%カットしています。

 鉄板焼きには、卓上のホットプレートを使います。
 鍋と同じように肉や魚介類、それにタマネギやナスなどの野菜、シイタケなどのキノコを焼いて食べています。
 味つけはシンプルに塩コショウが定番です。
 ニンジンは、豚汁のサトイモと同様に根菜類で、糖質が気になるので少量しか食べません。

 冬場にはおでんを食べることもあります。
 糖質が多い練り物は食べません。大根がんもどき豆腐牛すじなど、糖質が少ないものを食べます。

 また、すき焼きを楽しむこともあります。
 すき焼きには通常「割り下」に砂糖を使いますが、わが家では砂糖の代わりに、血糖値を上げない人工甘味料(発酵ブドウ糖)のエリスリトールから作られた『ラカントS』(サラヤ)という商品を使っています。

【次回へ続く】