今や人生100年時代。60歳の還暦から100歳までは、おぎゃ~と生まれた赤ちゃんが40歳になるのと同じだけあります。40年って、長いですね。平成2年は、定期預金の金利が8%台でしたので、赤ちゃんが生まれた時にもらったお祝いを預けておいたら、子どもが中学に入る前に2倍になっていました。
ところが、今の定期預金の金利は、0.01%ですので2倍になるのは…
子どもが、7200歳になったころです。
なんじゃそれ。化石になったころに2倍って。どおりで増えないはずです。
昭和時代や、平成初期と同じ感覚でいたとしたら、ちょっとまずいのです。にもかかわらず、日本では学校でお金について学ぶ機会はありません。お金の教育といえば、親から子に受け継がれた「節約すればお金は増える」といった、金銭感覚だけが全てです。
この先、同じお給料をもらっていたとしても、貯金だけしているご家庭と、投資しているご家庭とでは、自分の老後、子どもの代まで差がつきます。
さあ、全国のなまけもの仲間のみなさん!
気になっていた、投資デビューをする時が来ました。
今や、お家にいながらにして、ワンコインで投資デビューができるすごくいい時代です。ダイヤモンド社から『なまけものが得をする ワンコインつみたて投資術』を刊行した山口京子が、なまけものを代表して安心してできる方法をお伝えしますね。

Photo: Adobe Stock

投資の疑似体験ができる
ポイント運用

 投資は何やら楽しそうで、まとまったお金がなくてもデビューできそうだということは、なまけもののみなさんにもお分かりいただけたと思います。次は、お金すらなくていい! という投資です。ますますいい時代になりました。長生きはしてみるもんです。

 お金でなければ、何で投資をするのかと言えば、お買い物をするたびにもらう「ポイント」です。ポイントで投資には、2つの種類があります。1つはポイントが、株などの動きと同じように増えたり減ったりして、投資の疑似体験ができるもの。ポイント運用と呼ばれています。ポイントを運用してポイントで返ってくるサービスです。
 
<ポイント運用ができるもの>
・セゾンカードの永久不滅ポイント
・ドコモdポイント
・楽天スーパーポイント
・auWALLETポイント

 よく考えたら、知らない間にわたしはこの中の3つをやっていました。初めから見ていないので、すっかり忘れておりました。なんとなまけものでしょう!その途中経過をお伝えします。

 セゾンカードの永久不滅ポイントは、6つの投資信託と3つの株から投資先を選んで運用します。1年半ほどアクティブコースで投資をしてみたら、15%ほどふえていました。株は、カルビー、日清食品、ホンダの3社から選べます。わたしは、ポテトチップスが好きなので、カルビーをぽちっとしました

 dポイントは、よくコンビニで小銭代わりに使うので、運用していたことを忘れていました。これも今初めてみましたが、1年5ヵ月で10%ほど増えていました。

 楽天ポイントは積極的に増やすアクティブコース。3ヵ月で5.4%、順調に増えています。