コロナが映す医療の闇#11
Photo:China News Service/gettyimages

新型コロナウイルス感染症の治療薬とワクチンを世界が渇望する中、コロナワクチンの有望メーカーを支援するビル・ゲイツ氏と「ゲイツ財団」の存在感が増している。特集『コロナが映す医療の闇』(全14回)の#11では、財団がヘルスケア業界に張り巡らせたカネと人脈を独自分析した。(ダイヤモンド編集部 土本匡孝)

ビル・ゲイツ氏率いるゲイツ財団
コロナ対策に巨額を投じ「陰謀説」も

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックで世界がパニックに陥る中、ある民間の指導者が一躍時の人として注目を浴びている。米マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏だ。

 世界最大の慈善基金団体であるビル&メリンダ・ゲイツ財団(以下、ゲイツ財団)を通じて、コロナ対策に最大1億ドルもの巨額を拠出すると2月に発表、5月には日欧豪などの国際会議で資金支援を約束するなど、矢継ぎ早にコロナ対策を表明した。

 巨額が動くのには何か裏があるのではないかと「陰謀説」も飛び出している。結局のところ、ゲイツ氏とゲイツ財団はどんなところにカネを出し、どんな人が関わり、何をもくろんでいるのか。