日本国内に出回る投資信託の数は、今や約6000本。これだけたくさんの商品があると、「投資信託で資産運用を始めてみたいけれど、どれを選べばいいかかわからない!」と迷ってしまう人も多いことでしょう。本連載では、最新刊『全面改訂 投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ダイヤモンド社)を上梓した世界No.1投信評価会社「モーニングスター」トップの朝倉智也氏が、投資信託の賢い選び方をわかりやすくレクチャーします。さあ、あなたも「長期・分散・積立投資」で、人生100年時代の長生きリスクに今から備えましょう!

Photo: Adobe Stock

「目論見書」とは、投信のトリセツのようなもの

 投信を買おうとすると、必ず目にとまるのが「目論見書」です。聞きなれない名前ですが、ご存じでしょうか。

 「目論見書」とは、その投信の仕組みや注意点などの情報が記載された「トリセツ」だとイメージするとわかりやすいでしょう。

 販売会社や運用会社のサイトで個別の投信のページにアクセスすれば、PDFなどで閲覧できます。

 目論見書は少々難しそうに見えるものが多いのですが、ポイントさえ押さえれば読み解くのは難しくありません。