あなたは自分の歯に自信がありますか? 欧米では「歯」はその人の育ち、教養、自己管理能力の象徴として見られ、歯でその人は値踏みされます。でも、残念ながら「日本人の歯はキタナイ」というのは世界中で指摘されています。実際、日本人は虫歯や歯周病にかかっている割合、口臭を気にしている人の割合も高いのです。原因は「意識の低さ」「間違った情報の氾濫」です。骨格や食習慣などはその他の要因でしかありません。この意識の低さ、間違った歯のケアで、多くの日本人の人生の質が低下し、あらゆる機会で損をしているのです。この連載では『世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか』の中から、日本人の歯に関する情報、正しいケア方法など抜粋してお届けします。

『世界の一流はなぜ歯に気を使うのか』が話題の森下真紀氏(左)と「歌舞伎町のホスト過ぎる歯科医師」としてメディア出演多数の稲葉将太氏(右)。最も注目されている歯科医師同士の対談は、稲葉先生が院長を務める「歯科ハミール HAMILLE TOKYO DENTAL OFFICE 小川町」にて行われた。

だれもが気になる「歯」について、その悩みと正しいケア方法について書かれて話題となっている『世界の一流はなぜ歯に気を使うのか』。同書の著者の森下真紀氏と、その風貌も含めて「歌舞伎町のホスト過ぎる歯科医師」としてSNSやテレビ出演で話題となっている稲葉将太歯科医師に対談をしてもらった。今回のテーマは『世界の一流はなぜ歯に気を使うのか』の中でも反響の大きかった「口臭」とその主因となる「歯周病」についてだ。

 
稲葉将太
歯科医師、タレント
医療法人歯科ハミール 東京統括院長
「歌舞伎町のホスト過ぎる歯科医師」としてSNS上で注目され、「林修のニッポンドリル」や「マツコ&有吉のかりそめ天国」などの多くの人気番組に出演。最近では「アウト×デラックス」にゲストとして出演しその容姿、キャラクターが話題を呼んだ。また、ミスユニバース審査員、美容系コラムニスト、企業とのコラボ商品開発と様々なジャンルで活躍中。診療スタイルはカウンセリングを重視し、患者のニーズに合わせた最先端医療機器を用いた歯科治療は評判になり予約が殺到中。「歯科医院が怖くなくなった。好きになった。」という患者が続出している。
森下真紀
歯科医師・歯学博士・株式会社日本歯科総合研究所代表取締役社長
東京医科歯科大学歯学部歯学科首席卒業。在学時、英国キングスカレッジ歯学部に留学。その後、東京医科歯科大学歯学部附属病院研修医を経て、東京医科歯科大学大学院入学し博士号取得。大学院在学中には日本学術振興会特別研究員も務める。株式会社日本歯科総合研究所を2017年に設立し、代表取締役社長に就任。「日本を世界一の歯科先進国へ」をミッションとして掲げ、歯科業界の発展に貢献すべく活動を行っている。
 

歯科医でさえも指摘しづらい「口臭」問題

――『世界の一流はなぜ歯に気を使うのか』では日本人は口臭でも評判が悪いと指摘されていましたので、口臭について両先生のお考えを聞かせてください。

森下真紀・歯科医師(以下、森下):稲葉先生は、歯周病で口臭を発していても気づいていない患者さんが多いと感じることはありませんか?

稲葉将太・歯科医師(以下、稲葉):ものすごくあります。中には、中高生の娘さんに「お父さん口臭い!」と言われて、「口臭外来」を受診される方もいます。でも、そうじゃなくて、虫歯治療なんかで受診された場合、実際のところ歯科医であっても口臭を指摘しづらい患者さんも多いんですよね。例えば、ヘアスタイルやメイクにものすごく気を使って、高級バッグを持って虫歯治療に来られるご婦人に、面と向かって口臭を指摘するのはなかなか難しい……。

森下:「おじさんは口が臭い」っていうイメージがありますけど、実は、女性のほうが口臭を発している人、多いですよね。

稲葉:そうなんです、口臭がきつくなる重度の歯周病は、男性より女性のほうが多いですね。

森下:50代~60代の更年期女性は、ほぼ100%口臭があると思っていいですよ。歯周病が原因になっていることがほとんですが、特に女性はホルモンバランスの影響を受けて唾液の分泌が少なくなりがちです。唾液には口臭を抑制する効果があるため、唾液が減ると口の中が乾燥して口臭が目立ってしまいます。

稲葉:生理中や妊娠中の女性も口臭が強くなりやすいですよね。しかも、ある種の歯周病菌は女性ホルモンが大好きです。ですから、妊娠時に口腔ケアを怠ると歯周病菌が異常増殖して、歯周病が悪化しやすくなります。

森下:20代の若い女性の“ダイエット口臭”もありますよね。

稲葉:ありますね。体の生理的な循環が悪くなるようなムリなダイエットをすると、唾液の分泌量が減ってしまうので、口臭を発しやすいんですよね。あとは、重度の虫歯も強い口臭を発することがあります。