企業直撃 新・地政学リスク#11
Photo:Alex Wong/gettyimages

米国による中国企業への制裁の仕組みは極めて複雑だ。特集『企業直撃 新・地政学リスク』(全14回)の#11では、米国による中国企業への制裁の仕組みについて述べ、そうした企業と関連のある日本企業をリストアップした。(ダイヤモンド編集部特任アナリスト 高口康太)

米国が問題視しているのは
ファーウェイ、TikTokだけではない

 中国通信機器・端末大手の華為技術(ファーウェイ)への輸出規制、動画アプリ「TikTok」を展開する中国バイトダンスへの北米事業停止および事業売却命令など、米国は矢継ぎ早に制裁を打ち出し、中国包囲網を強化している。

 多種多様な制裁手段が立法化されている点に改めて驚かされるが、その一方で乱発される制裁指令が何を根拠としているのか、どんな理由で排除されたのか、どの中国企業が“問題企業”なのかが分かりづらいという懸念もある。

 米国が制裁した中国企業、そしてつながりがある日本企業を追うと、意外な形で問題企業と関係している事例が見えてきた。