【Twitterフォロワー数50万人、You Tubeチャンネル登録数25万人】と、今どきのママパパに圧倒的に支持されているカリスマ保育士・てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』ができました!
子育ての悩みは、決して親の能力や愛情の深さの問題ではなく、子ども特有の気持ちやものごとのとらえ方、体の状態を知るだけでうまくいくことが多いと、てぃ先生は教えてくれます。
この連載では、「てぃ先生が実際に試して効果のあった伝え方」や「保護者が絶賛した斬新なテクニック」を厳選。困りがちな「おしたく」「お片づけ」「お食事」などのよくある困りごとの状況に対応する方法などをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

小学生になって難問があっても
相談さえしてくれればどうにかなる

 第3回第4回で、「なんで〇〇してないの!」を「何があったの?」に変えると、よくない状況が改善しやすいというお話をしました。

 ところでこれは、お子さんが小さいときだけではなく、成長してからも意識していただくといいと思います。

 なぜなら、たとえば小学校に上がるとひとりでしなければならないことがたくさん出てきます。そのときに、「なんでやってないんだ」って言われると、本当に困っていることを言いづらくなって、大人が問題に気づきにくくなる、ということが起こるからです。

 でもふだんから「何かあったの?」と言われていれば、子どもが困っていることを親御さんに相談しやすくなりますよね。そうしたことが、もしかしたらイジメとかいろんな問題の解決につながることもあるのではないかと思うんです。

 というわけで、叱るときは「なんで」ではなくぜひ「何が」にしていただきたいんですが、「なんで」を使ってもいいケースもあります。それは、「ほめるとき」。その理由は次回くわしくお伝えします。

 ※本原稿は、てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』からの抜粋です。この本では、子育てがラクになるスゴ技がたっぷり収録されています。子育てに悩みやイライラはつきものですが、遊び心をもって、楽しく子育てしてみませんか? (次回に続く)