【Twitterフォロワー数50万人、You Tubeチャンネル登録数25万人】と、今どきのママパパに圧倒的に支持されているカリスマ保育士・てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』ができました!
子育ての悩みは、決して親の能力や愛情の深さの問題ではなく、子ども特有の気持ちやものごとのとらえ方、体の状態を知るだけでうまくいくことが多いと、てぃ先生は教えてくれます。
この連載では、「てぃ先生が実際に試して効果のあった伝え方」や「保護者が絶賛した斬新なテクニック」を厳選。困りがちな「おしたく」「お片づけ」「お食事」などのよくある困りごとの状況に対応する方法などをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

子どもの言葉を引き出す
「何かあった?」の効能がすごい

 第3回で、「なんで〇〇してないの!」を「何があったの?」に変えるといいというお話をしました。今回はその続きのお話です。

 たとえば片づけの場合、「なんで片づけしてないの!」ではなく「あれ? お片づけ進んでないね。何かあった?」と言うと、心配してくれているように聞こえて「おもちゃがたくさんあってどれから片づければいいかわかんなくなっちゃった」とか「まだ遊びたかった」とか、困っていることや本当の気持ちを言いやすくなるわけです。困りごとなら大人がサポートできますし、気持ちだったら「そうか。遊びたかったんだね。でももうお出かけの時間だよ~」と、気持ちを受け止めたうえで行動を促すことができるわけですね。

家庭で「効果があった!」と
保護者からも大評判!

 これを園で保護者の皆さんに伝えたところ、実際にやってくださったご家庭がありました。

 そのおうちでは、外に遊びに行くとき、お子さんがなかなか靴をはかなかったそうなんです。そこで今までなら「なんでお靴はいてないの!」と言っていたところを、「あれ、靴はいてないね、何かあった?」と聞いたら、お子さんが「あっちの靴がよかった」と。たったそれだけのことだったんですね。

 子どもからしてみると、これじゃなくてあっちの靴ならすぐはくのにという気持ち。でも大人がそこを省いて「なんではかないの! さっさとはきなさい」と言ってしまうことで、よけいに手間がかかっていたわけなんです。

 ただ、お父さんお母さんも人間ですから、いつも「何かあった?」と聞かなくてはいけないとは思いません。自分の心にゆとりがあるときだけでかまいませんから、「何かあった?」と言ってあげられるといいと思います。

 ※本原稿は、てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』からの抜粋です。この本では、子育てがラクになるスゴ技がたっぷり収録されています。子育てに悩みやイライラはつきものですが、遊び心をもって、楽しく子育てしてみませんか? (次回に続く)