ためたキャッシュは社員へ。
めざせ平均年収1000万円!

土屋:仕組み化についても、私はなるべく内部の人材を活かしたいと思っています。
私を含め経営者は、社内の人材が頼りになるということを忘れがちではないかと思います。ワークマンで社員と話してみて思うのは、社内人材は自社のことや業界のことをよく知っていることです。社外の人材や意見は一見よく見えるのですが、社外の人材をヘッドハンティングしてきても、ワークマンに合った仕事ができるまでには最低2年はかかります。社員の能力を信じて、時間をかけても能力をフルに引き出せばいいと思いました。

御立:なるほど。

土屋:入社して社員と話していて率直に優秀な人が多いと思いました。ポテンシャルを感じたのです。そのポテンシャルをうまく引き出せば、ものすごいチャンスになります。だから全員参加で会社の変えていくことができるのではないかと思いました。

御立:そうですか。

土屋:そのために賃上げをしました。客層拡大が成功し、将来会社が伸びるから先に社員の給料を上げました。当時ワークマンの平均給与は約570万円と低かったのですが、5年間で100万円のベースアップを約束し、それを本気でやりました。現在の平均給与は約720万円になっています。1000万円になるまでは賃上げをすると決めています。

御立:会社の成長を見越して、先に報酬を払うことにしたわけですね。

土屋:とことん無駄を減らしてつくったキャッシュをまずは賃上げで使いました。

御立:社員には本気度が伝わったことでしょう。

土屋:縄文の精神で新業態に行ったら、これまでの上司の勘と経験が使えません。全員でデータを活用しながら、マニュアル化、仕組み化を図って、生産性を上げ続けることに意味があります。社員がこれまで培ってきた弥生力をこれからも存分に発揮してもらわなくてはなりません。

御立:土屋さんのお話はとても勉強になります。次回はいかに仕組み化を図ったを聞かせてください。