瞬発力を使う準備や
「プランB」も必要

御立:最近、経営戦略、経営計画は立てても意味がないという人がいます。
それは半分当たりで半分ウソだと思っています。その人たちは「何かが起きたら瞬発力を高めて反応すればいい」と主張します。でも、土屋さんがおっしゃったのは、そうしたレベルの話ではありません。瞬発力はもちろん必要ですが、頭の中に複数の視点と複数の時間軸を持ち、瞬発力を使うために、いつまでに何を準備するかという話です。瞬時の反応は深い思考と複数の時間軸をもった厚みのある準備がなければ、劇的な変化に対応できません。

土屋:瞬発力だけに期待するとあまり考えなくなってしまいます。選択肢もベストよりベターになる可能性が高い。だから、時間かかって多少効率悪いかもしれませんが、社員全員で「兆し」とらえ、アクションを起こしていく必要があります。

御立:エクセル経営ですね。

土屋:はい、突出した1人に頼るのではなく、凡人による経営なので、みんなが少しずつ知恵を出して集めます。新業態は全員が未経験でした。

御立:まして社会が大きく変化していますし、予期せぬ新型コロナの感染拡大もありました。

土屋:そうした影響を受けながら、新業態はエクセル経営で運営されています。データで相関関係や異変に気づき、解決の仮説をA案、B案の2つ考えて検証します。
検証データのよかったほうを解決策として実行します。その効果を継続的にデータで検証しながら改善を重ねていきます。社歴に関係なくデータを活用して平等に議論でき、叡智を集められますし、しかも変化に反応でき、間違っている方向に進んでいたら修正できます。

御立:社員全員の目で「兆し」を探し、実行していくというわけですね。

土屋:そうです。

御立:オーストラリアのアボリジニの人たちは瞬発力があります。野生動物に遭遇しても逃げきれる脚力をもっています。
でも、瞬発力だけに頼っていると、若くて体力のあるうちはいいですが、年齢を重ねると危険です。そうなると食料を確保できなくなります。
では、どうするか。20キロ四方程度の広い領域の中で、どこでどんな食料が得られるか、野生動物がどの時期にどこをどう移動するかすべて頭に入っています。食料の分布、野生動物の移動を考えながらゆっくり移動するというプランBをもっているのです。

土屋2つの時間軸と空間感覚をもっているのですね。

御立:世の中は変化が激しく、まるでジャングルのようになっていますが、未来の兆しを見つけて、自分たちで未来をつくっていく必要があります。
そのためには単純に瞬発力だけに頼るのではなく、深い思考、複数の時間軸、厚みのある準備が必要です。そういう意味で土屋さんの考え方は大変参考になると思いました。