エクセルマクロの挫折しない勉強法や仕事で使いこなすコツを徹底解説!
講師の寺澤さんはこれまでの20年間マクロを使って様々な業務を効率化させるなど、数多くの社内表彰を受けてきました。例えば、数十万行の元データから分析用データを毎週作成する作業。人の手だと1週間かけても終わらない作業ですが、マクロを使うと30分程で完成してしまいます。さらに自ら社内講座も主催、全くマクロを触ったことがない数百人を指導し、満足度98%と人気を博しています。近著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』では、そのエッセンスを余すところなく紹介しています。
本連載では、エクセルマクロを仕事で使うための本当に必要な知識だけを、できるだけわかりやすく説明していきます。

Excelマクロ初心者が、マクロを書く前にするべきたった一つのことPhoto: Adobe Stock

マクロを書く前に考えるべきこと

いよいよこれから本格的にマクロを書いていきます。

はじめての方は何をどのように書けばいいのか全くわからない状態でしょう。そこでマクロを作成するときに、何をイメージするべきか説明します。

一番大事なのは、自分がエクセルを操作する動きを思い出し、それを分解することです。

エクセルをマウスで操作するときは、深く考えずにシートを選びセルに数字や関数を入れているはずです。同じことをマクロにやらせるには、それらの行動を分解する必要があります。

普段やっているエクセル作業を分解すると……

ステップ1 シートを選択する
どのシートで作業をしたいのか指定する。
ステップ2 セルを選択する
どのセルで作業をしたいのか指定する。
ステップ3 セルに指示を出す
そのセルで何をしたいのか指示する(文字や数字の入力、コピーや貼り付けなど)。

普段何気なくやっていることでも、このようなステップにわけられるはずです。そのうえで、どのシートを選ぶのか、どのセルを選ぶのか、どんな作業指示を出したいのかを順番にマクロにしていきます。

抜け漏れなく分解できれば、現在手でやっている作業はほぼすべてマクロにやらせることができます。

マクロは基本的にこの通り動いていると理解しておいてください。

Excelマクロ初心者が、マクロを書く前にするべきたった一つのこと普段している作業を分解し、一つずつマクロを書いていく

(本稿は、寺澤伸洋著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』を抜粋、再構成したものです)