このコロナ禍では、成長を目指すだけではなく、ムダを省き、筋肉質な経営を目指さなければいけません。リモート経理を導入できれば、「コスト・働く時間」を劇的に少なくすることができます。経費精算のためにわざわざ出社していては、時間とお金をドブに捨てているようなもの。そもそも経理とは「経営管理」の略称。「営業」が会社の攻めを司る剣なら、「経理」は守りを固める盾です。右肩上がりの時代はどこの会社も営業重視でしたが、コロナ禍では経理がいっそう重要になりました。
本連載は、「リモート経理を導入するためのノウハウ」を紹介するものです。著者は「会計とITの融合」を得意とする税理士、井ノ上陽一氏。『リモート経理完全マニュアル 小さな会社にお金を残す87のノウハウ』を出版し、「いつでも・どこでも・誰でも」安心に経理業務ができるメソッドをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

「ちょっといい?」は生産性を下げる

 職場の「ちょっといい?」をなくしましょう。

 この「ちょっといい?」のひと言で集中力が途切れてしまいます。私自身、独立してから効率が飛躍的に上がったのは、職場の「ちょっといい?」がなくなったからです。

 今はスマホの通知はオフ、パソコン上の通知もオフにしています。効率が上がらないわけがありません。

 自分のタイミングでメールやチャットを確認しています。電話は仕事で一切使いません。

 孤独を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスは常にその孤独の中で闘っているわけです。みなさんにもできます。

 一方で、定期的に雑談の場を設けるといった工夫も大事でしょう。またはテキストで差し障りのない程度にコミュニケーションをとることも欠かせません。

「通知」をオフにしよう

 この「ちょっといい?」をなくすには、「通知をオフにする」ことから始めましょう。

 通知とは、スマホやパソコンの「メールが来た」「チャットが来た」というポップアップ(表示)や音のことです。これは「ちょっといい?」とほぼ同じだからです。

 もちろんかんたんなことではありませんが、会社全体の効率を上げるためでもあり、個々が効率的に仕事をするためでもあります。