このコロナ禍では、成長を目指すだけではなく、ムダを省き、筋肉質な経営を目指さなければいけません。リモート経理を導入できれば、「コスト・働く時間」を劇的に少なくすることができます。経費精算のためにわざわざ出社していては、時間とお金をドブに捨てているようなもの。そもそも経理とは「経営管理」の略称。「営業」が会社の攻めを司る剣なら、「経理」は守りを固める盾です。右肩上がりの時代はどこの会社も営業重視でしたが、コロナ禍では経理がいっそう重要になりました。
本連載は、「リモート経理を導入するためのノウハウ」を紹介するものです。著者は「会計とITの融合」を得意とする税理士、井ノ上陽一氏。『リモート経理完全マニュアル 小さな会社にお金を残す87のノウハウ』を出版し、「いつでも・どこでも・誰でも」安心に経理業務ができるメソッドをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

うざい電話をなくそう

 リモート経理では、電話を禁止しましょう。これまでどおり電話を使っていては、リモート経理は進みません。電話はITではありません。

 電話がよくない理由は、相手の仕事に割り込むからです。

 お互いに邪魔をしていては会社全体の効率化は進みません。お客様からの電話もなくしていきたいところですが、まずは社内から進めていきましょう。

①社内からのアプローチ

 社長からの電話はOKなどの例外もなくすべきです。ルールとして決めるのであれば、「一定時間は電話を禁止にする」を検討してもいいでしょう。

 もちろん電話で話したほうがいいこともあります。しかし、「本当に今すぐ話す必要があるのか」「メールを送り、都合がよいときに返してもらうのではだめなのか」をよく考えましょう。

 電話がしたくなったら、まずメールを送りましょう。そもそも「すぐに対応してほしい」という状況を減らさないと、リモート経理はできません。

 あらかじめ「メールは、受けとった翌営業日中に返す」などのルールを作っておきましょう。すぐ返事が欲しいような事態は、自分の時間管理ミスの可能性もあります。

 思いつきやぎりぎりで仕事をするから、「すぐ!」となるわけです。相手を尊重するために、「すぐ!」という電話をなくしましょう。