退職金の受け取り方を決める
4つの要素とは?

 先ほど退職金の受け取り方を決める最も重要な要素は「定年後のライフプラン」と言ったが、もう少し具体的に考えてみよう。退職金の受け取り方を決める要素は、大きく分けると以下の四つになる。

(1)何歳まで働くつもりか?
(2)公的年金をいつから受け取るのか
(3)会社の退職給付制度全体がどうなっているか
(4)現在、どれぐらいの金融資産を持っているか?

 ただし、この四つが基準とする公式が存在しているわけではない。言ってみれば複雑なパズルのようなものであり、この四つのうちの一つが異なるだけで結論は全く違ったモノになることが容易にありうる。

 まずは(1)の何歳まで働くか?であるが、これは2番目に挙げた公的年金の受け取り開始時期と合わせて、極めて重要な要素である。

 例えば60歳以降は一切働かないと決めているのであれば、公的年金が支給開始になる65歳までの生活費をまかなうためには退職金よりも企業年金で受け取ることが必要だろう。もし、その割合が選択できるようになっているのであれば、できる限り一時金の割合を少なくして年金で受け取ることが必要となる。ただ、その場合でも企業年金の支給だけでは生活できなくなり、退職金や自分の持っている蓄えを取り崩さなければならない場合も出てくる。

 ここで重要になってくるのが(4)の金融資産の保有額である。もし、その額が60歳時点で相当な金額であれば心配はないだろうから、60歳で完全リタイアということもあり得るだろうが、持っているお金はいつかなくなる。だとすれば、できるだけ長く働いて収入を得る期間を長くし、終身で支給される公的年金の受取額を増やすことを何よりも第一優先で考えた方がいいだろう。