エクセルマクロの挫折しない勉強法や仕事で使いこなすコツを徹底解説!
講師の寺澤さんはこれまでの20年間マクロを使って様々な業務を効率化させるなど、数多くの社内表彰を受けてきました。例えば、数十万行の元データから分析用データを毎週作成する作業。人の手だと1週間かけても終わらない作業ですが、マクロを使うと30分程で完成してしまいます。さらに自ら社内講座も主催、全くマクロを触ったことがない数百人を指導し、満足度98%と人気を博しています。近著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』では、そのエッセンスを余すところなく紹介しています。
本連載では、エクセルマクロを仕事で使うための本当に必要な知識だけを、できるだけわかりやすく説明していきます。

Photo: Adobe Stock

変数の値を確認する方法

マクロを動かしていると、変数に思った通りの数字が入っていないことがあります。

そのときはウォッチウィンドウを利用すると変数の中身を確認できます。

マクロ作成画面の「表示」タブから「ウォッチウィンドウ」を開いてください。

マクロ作成画面の下部に、空白のウォッチウィンドウが出てきます。

ここに前回の「変数2」マクロから変数aとbを選んでそれぞれドラッグ&ドロップしてみてください。

変数がウォッチウィンドウに現れます。この段階では〈対象範囲外〉となっています。

変数はマクロが最後まで動くと中身が空になってしまいます。変数の中を覗き見るには、途中で一時停止させる必要があります。行頭の左側をクリックしてみてください。茶色い●がつきます。

この状態でマクロを動かすと●がついた1行前で処理が止まります。何個でも付けることができ、複数個付けると●のたびに処理が止まります。消すには再度同じ場所をクリックしてください。

それでは「変数の中身が定まった次の行」でマクロが一時停止するようにしてください。

「a = a + 1」と「Sheets(“練習”).Select」の横に●をつけます。

この状態でマクロを動かすと、まず「b = 10」と「a = a + 1」との間で止まります。

このときaとbの値をウォッチウィンドウで見るとaは5でbは10となっているはずです。

マクロ作成シートにある、右向きの緑色の▶ボタン(継続ボタン)を押すと再びマクロが動きます。

すると「b = a + b」と次の行との間でマクロが止まります。

ここでそれぞれの値を見てみます。aは6でbは16となっているはずです。

変数が思い通りの動きをしなかった場合には、このように値を確認しながら修正してみてください。

(本稿は、寺澤伸洋著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』を抜粋、再構成したものです)