コロナ禍で在宅勤務が増えたこともあり、運動不足に陥っている人が増えている。ふと、自分のお腹まわりを見るとポッコリ。内臓脂肪が溜まったお腹が、運動不足を物語っている人も多いだろう。筋肉の衰えは、すぐにやってくる。それが脳の衰えにもつながり、知らない間にカラダ全体のパフォーマンスが低下し、気がついたときには生活習慣病予備軍に。なんとなく大丈夫だと思っているかもしれないが、フレイル(虚弱化)や移動機能が低下するロコモティブシンドローム(運動器症候群)の兆候が、若くしてすでに始まっているかもしれない。
「以前より疲れやすくなった」「15分以上はつらくて歩けない」「信号が変わりそうになって走るとすぐに息が上がる」「息が一度上がるとなかなか回復しない」「階段は休み休みでないと上がれない」――そんな体力の衰えを感じるようになったあなたに向けて、『10年後、後悔しない体のつくり方』の著者・中野ジェームズ修一氏が、筋肉も脳も若返る方法を伝授する。
著者は、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化を指導し、箱根駅伝連覇に導いた運動指導のプロフェッショナル。オリンピック代表選手などのトップアスリートから一般のビジネスパーソンや主婦まで、圧倒的な信頼と支持を得ている。「運動すればいいのは、もちろんわかっている」「でも、それができない、続かない……」。そんな運動が苦手な人、運動が嫌いな人、そして中高年はもちろん高齢者でも、「これならできそう」「続けられそう」と思えて、なおかつ、きちんと効果があり、何歳からでもカラダが若返る秘訣を徹底指南する!(こちらは2019年10月9日付け記事を再掲載したものです)

【コロナ禍で「おうち時間」が増えた人、必読!】本当に怖い!運動しないと筋肉は年0.5~1%減っていく Photo: Adobe Stock

何も運動しないと筋肉は
年0.5~1%減っていく!

【コロナ禍で「おうち時間」が増えた人、必読!】本当に怖い!運動しないと筋肉は年0.5~1%減っていく 中野ジェームズ修一
スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者 PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー 米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)
フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペアなど、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」の最高技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

 日本は、もう完全に「人生100年時代」を迎えています。
 100歳以上の高齢者が49年連続で増え続け、7万人を超えているのです。
 いまから50年以上前(1963年)、100歳以上の人はたった153人でした。

 公的年金の受給開始年齢は、いまのところ原則65歳ですが、いずれ70歳からに引き上げられるといわれています。
「老後資金に夫婦で2000万円が必要」とする金融庁の試算が騒ぎにもなりました。

 つい数年前までは「老後」といわれ、隠居するような年齢に達しても、これからは元気に働き続けることが求められてきているのかもしれません。

 そのためには、何といっても「体づくり」が欠かせません。

 そして体づくりには、やっぱり「運動」が欠かせないのです!

「運動すればいいのはわかってる。でも、それができない、続かない」のですよね?

 運動というと、スポーツクラブに入会して筋トレしたり、「ゼイゼイハアハア」と息を上げながらランニングしたりすることをイメージしがちです。
 すると、「仕事や家事で忙しいから通えない」「キツイことはイヤだ」と、最初の一歩を踏み出せないケースがほとんどです。

 でも、そんなふうに身がまえなくても大丈夫です!

 私の最新著作『10年後、後悔しない体のつくり方』では、運動が苦手だったり、運動が嫌いだったりする人、中高年はもちろん高齢者でも「これならできそう」「続けられそう」と思えて、なおかつ、きちんと効果があって、何歳からでも体が若返る秘訣を教えます。