いまや日本円の価値は下がり、日本経済の成長も長期的には期待薄……。米国経済も、Twitter、Meta(Facebook)、Amazon、HPとリストラを実施する大手企業が続々と増え、いっときの“米国株ブーム”は過ぎ去った。そこでいま注目されるのが「グローバル投資」だ。米国の富裕層の間では、米国以外の海外資産を組み入れるグローバル投資の動きが、以前にも増して加速しているという。
日本と海外の投資・経済を知り尽くした金融マン待望の初著書
『個人投資家もマネできる 世界の富裕層がお金を増やしている方法』(ダイヤモンド社)では、富裕層がやっているイギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スイス・インド・チリ・台湾などへの国際分散投資法を、一般の個人投資家に向けてわかりやすく解説!
投資バランスは「保守:積極:超積極=5:3:2」、1銘柄の投資額は資産全体の4%以内で、資産全体の2割は現金買付余力に――など、SBI証券や楽天証券などでも実践できる内容で、「これならできそう」「続けられそう」と思えるグローバル投資の秘訣を明かした1冊だ。本稿では、
本書より一部を抜粋・編集し、グローバル投資の極意を伝授する。

【お金を増やす】<br />超余裕資金でチャレンジ! ハイリスク・ハイリターン投資【ベスト4】イラスト:ヤギワタル

「ペニーストック投資」「コモディティ投資」とは?

【前回】からの続き 投資対象としては、個別株の「オプション取引」のほか、「ペニーストック投資」「コモディティ投資」「ベンチャーキャピタル投資」「SPAC投資」などがあります。なじみのない投資法ばかりだと思うので、それぞれ簡単に説明しましょう。

ペニーストック投資とは、1株あたり1ドル未満で取引される株式への投資です。流動性が低い投機的な安物株への投資で、大きなリターンを狙います。ハリウッド映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年、マーティン・スコセッシ監督作品)で、レオナルド・ディカプリオさんが演じた実在するジョーダン・ベルフォートさんは、ペニーストックで大儲けしたことで知られています(のちに詐欺行為で有罪となり、投獄されましたが……)。

コモディティ投資は、商品先物市場で取引されている原油やガソリンなどのエネルギー、金(ゴールド)やプラチナなどの貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物といったコモディティ(商品)に対して、投資信託などを介して投資するもの。

「ベンチャーキャピタル投資」「SPAC投資」とは?

ベンチャーキャピタル投資とは、創業間もないベンチャー企業に投資するもの。テレビCMでもすっかりおなじみの「ファンディーノ」は、将来性のあるベンチャー企業に投資ができる株式投資型クラウドファンディングですが、今後日本でもベンチャー投資が広がると期待しています。投資先企業がIPO(新規株式公開)や、バイアウト(M&A[合併や買収]などによる第三者への売却)をしたときには、大きなリターンが期待できるからです。

SPAC投資は、SPAC(特定買収目的会社)というペーパーカンパニーへの投資です。SPACは、なんの事業も持たない白紙の状態で上場するため「ブランクチェック」(白紙小切手)企業とも呼ばれます。SPACが上場し、株式投資から調達した資金により、未上場の有望なスタートアップ企業の買収に成功したら、大きな利益が得られます。

――これらはいずれもハイリスク・ハイリターンですから、最悪の場合、投資した資金がゼロになってもいいという感覚で取り組むべきものです。余裕資金が多い富裕層には、この3段目のハイリスク・ハイリターン投資もおすすめですが、余裕資金が少ない個人投資家はムリに行わなくても、2段目まで実践すればよいでしょう。【次回に続く】

※本稿は、『個人投資家もマネできる 世界の富裕層がお金を増やしている方法』(ダイヤモンド社)より一部を抜粋・編集したものです。